HOME > プレス発表 > 東大病院整形外科のグループが米国整形外科学会Kappa Delta賞を受賞

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】東大病院整形外科のグループが米国整形外科学会Kappa Delta賞を受賞

 2009年03月09日

 東京大学医学部附属病院 整形外科・脊椎外科の川口浩 准教授の研究グループが米国整形外科学会(AAOS)のKappa Delta賞(カッパデルタ賞)を受賞しました。同賞は整形外科領域のノーベル賞とも称されている権威ある賞で、60年の歴史の中でアジアからの受賞は今回が初めてです。マウスを用いた分子遺伝学的手法により、様々な骨軟骨疾患の病態・成因の解明を進め、治療標的となる分子を探索してきた業績が評価されたものです。

※詳細はリリース文章をご確認ください。

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。