HOME > プレス発表 > 日本・スウェーデンがん対策国際協調セミナー開催

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】日本・スウェーデンがん対策国際協調セミナー開催

 2009年03月03日

~がん検診・がん登録・がん学校教育を展望する~

 日本では二人に一人が、がんになる時代になりましたが、がんの啓発が遅れているという大きな問題を抱えております。欧米では50%以上のがん患者が受ける放射線治療も、日本では25%程度と極めて少ない状況です。平成21年の3月に、がん医療が進んでいるスウェーデンのMs Maria Larsson厚生大臣が訪日されます。この機会に、大臣の参加も得て、がん対策先進国であるスウェーデンのがん治療の実情を報告頂き、日本・スウェーデンのがん対策推進に関する国際協調セミナーを開催したいと考えております。
 セミナーでは、がんの学校教育についても討論します。がんになる前にがんを知ることが重要です。

※詳細につきましては、下記リリース文をご参照ください。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。