HOME > プレス発表 > 日本人の「死生観」と「望ましい死」についての調査結果

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】日本人の「死生観」と「望ましい死」についての調査結果

 2009年01月14日

 このたび、東京大学医学部附属病院(以下、本院)放射線科及び緩和ケア診療部は、グローバルCOE「死生学の展開と組織化」の一環として行っている、日本人の「死生観」と「望ましい死」についてのアンケート調査の結果と中間解析が出ましたので、ご報告いたします。
本院放射線科外来受診のがん患者312名と、一般人口353名、本院の医師106名、看護師366名から得られた回答を比較して分かった、現代日本人の「死生観」、「望ましい死」についての結果・解析について公表いたします。

※詳細につきましては、下記リリース文をご参照ください。 記者発表のようす

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。