HOME > プレス発表 > 神経芽腫の原因遺伝子変異を発見

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】神経芽腫の原因遺伝子変異を発見

 2008年10月20日

このたび、東京大学医学部附属病院の小川誠司 特任准教授(キャンサーボード)および同院 滝田順子講師(小児科・無菌治療部)らは、「ALK遺伝」と呼ばれる細胞の増殖を司る酵素の遺伝子(チロシンキナーゼ)をコードする遺伝子の異常が小児の難治性腫瘍、神経芽腫の原因の1つとなっていることを突き止めました。(Nature10月16日号に掲載予定)。

※ 詳細につきましては、下記をご参照ください。

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。