HOME > プレス発表 > 肝臓の新しい糖・脂質代謝調節機構の発見

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】肝臓の新しい糖・脂質代謝調節機構の発見

 2008年06月30日

―2型糖尿病の病態解明と治療への応用―

東京大学大学院医学系研究科/医学部附属病院 糖尿病・代謝内科の門脇 孝教授と窪田直人特任准教授らのグループは、肝臓における新しい糖・脂質代謝調節機構を発見いたしました(Cell Metabolism誌 7 月2日号に掲載)。この発見により、肝臓における空腹時あるいは食後の糖・脂質代謝の統合的な分子メカニズムが明らかとなり、新しいコンセプトに基づく治療法の同定につながるものと考えられます。本研究の詳細につき、2008年6月30日に記者発表を行いました。