HOME > プレス発表 > テトラポッド人工骨 ~270億分の1のテトラポッドが人工骨を変える~

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】テトラポッド人工骨 ~270億分の1のテトラポッドが人工骨を変える~

 2007年09月07日

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成により、東京大学医学部附属病院ティッシュ・エンジニアリング部、東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター、㈱ネクスト21、ガウス㈱は骨芽細胞、破骨細胞の侵入や血管新生に適した理想的な連通孔をもつ外形1mmのテトラポッド人工骨を開発しました。

既存の顆粒状人工骨製品と比較して機械的強度、細胞や血管の侵入、骨吸収置換性において優れた特性を示すことができ、動物への移植試験の結果からテトラポッド人工骨の有効性と安全性を確認しています。テトラポッド人工骨は、単なる人工骨にとどまらず、骨誘導物質DDSとして、骨再生のための優れた足場材料(スキャフォールド)となることが期待され、今後、臨床応用を進めていく予定です。

※ 詳細につきましては、添付のリリース文書をご参照ください。

 

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。