HOME > プレス発表 > 移植用テーラーメイド人工骨の成形技術開発

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】移植用テーラーメイド人工骨の成形技術開発

研究 2005年12月14日

東京大学医学部附属病院ティッシュ・エンジニアリング部(以下、「東大病院」)は、NEDO技術開発機構の助成により、東京大学大学院農学生命科学研究科附属家畜病院、理化学研究所先端技術開発支援センター、(株)ネクストと共同してCT画像から成形する患者自身に最適な移植用人工骨を開発いたしました。現時点で、動物への移植試験の結果から本人工骨の有効性と安全性を確認しており、来年早々に、東大病院内の倫理委員会の承認を得た後に臨床研究を開始する予定です。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。