HOME > プレス発表 > 抗老化ホルモンKlotho(クロトー)による寿命の延長とその分子機構の解明

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】抗老化ホルモンKlotho(クロトー)による寿命の延長とその分子機構の解明

研究 2005年08月26日

今回、老化を抑制して寿命を延長する作用のある抗老化ホルモン(クロトー)を、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンターの黒尾誠助教授らのグループが、東京大学医学部附属病院 整形外科、大阪大学、バンダービルト大学、ハーバード大学のグループと共同で、世界で初めて同定しました。(Science 電子版 8月25日発表)
抗老化ホルモン クロトー蛋白には、体内のインスリンを抑制する作用があり、その抗インスリン作用を介し、老化抑制ホルモンとして働きます。今回の実験では、クロトーを適度に過剰発現するマウスを作成し、平均寿命を通常のマウスよりも約1.2から1.3倍延ばすことに成功しました。
「老化」は、あらゆる成人病に共通の、かつ最大の危険因子です。老化そのものを少しでも抑制・遅延できれば、あらゆる成人病の発症を一括して抑制・遅延できる可能性があり、人類がより長く健康に生きるという夢の実現につながるかもしれません。

※ 詳細につきましては、リリース文書をご参照ください。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。