HOME > プレス発表 > 東大でトレハロースの癒着防止効果を新たに確認

前のページへ戻る

プレス発表

【記者発表】東大でトレハロースの癒着防止効果を新たに確認

研究 2005年07月01日

東京大学医学部附属病院 ティッシュ・エンジニアリング部、東京大学大学院 農学生命科学研究科 附属家畜病院、(株)林原生物化学研究所、(株)ネクストは、トランスレーショナルリサーチの成果として、食品分野で多用されているトレハロースが、手術後の癒着防止に有効であることを発見しました。腹部手術では半分以上で発生するなど、合併症の典型である癒着の防止が期待できます。今回の研究発表の背景と概要、及び効果について、添付の要領で記者発表が行われました。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。