HOME > プレス発表 > 人の成人角膜から前駆細胞を発見

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】人の成人角膜から前駆細胞を発見

研究 2005年05月18日

東大病院 ティッシュ・エンジニアリング部、眼科学教室、角膜移植部の研究チームが人の成人角膜から前駆細胞を発見

ヒトの成人角膜から前駆細胞が得られることを、東大病院 ティッシュ・エンジニアリング部角膜組織再生医療講座、眼科・視覚矯正科、角膜移植部の研究チームが世界で初めて発見し、眼科専門誌「Investigative Ophthalmology Visual & Science」(5月号)に掲載されました。
角膜では上皮の再生医療は臨床応用されていますが、角膜内皮・角膜実質といったより角膜の深い組織では研究が進んでいませんでした。幹細胞または前駆細胞を採取する「スフェア法」によって角膜より幹細胞・前駆細胞の採取を試みたところ、角膜の「実質組織」と「内皮組織」より幹細胞とよく似た形態の細胞が得られました。詳しく分析した結果、これは未分化なマーカーなどを発現していますが、最終的に得られた組織の細胞に主として分化する前駆細胞であることが判明しました。
高齢者の角膜からも採取できるため、ES細胞のような倫理的問題が少なく、また細胞の分化を人為的にコントロールする必要がなく、臨床応用に適していると考えられます。この発見により角膜の再生医療に弾みがつくと期待されます。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。