HOME > プレス発表 > 東大病院とエア・ウォーター(株)が「医療環境管理学」の共同研究を開始

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】東大病院とエア・ウォーター(株)が「医療環境管理学」の共同研究を開始

研究 2005年04月18日

東大病院と産業用ガス分野最大手であるエア・ウォーター株式会社は、平成18年度に東大病院内に設置される「22世紀医療センター」における共同研究事業について提携しました。
 高齢化社会の到来による抵抗力の低下した患者の増加や、SARSなどの新興再興感染症の出現により、水、空気をはじめとした病院環境を整備する必要性が世界的に高まっています。
今回の「医療環境管理学」においては、特に、患者の胸腔や腹腔が開放される手術室や、重症患者の集中治療を行うICUなどにおける、①「環境に配慮した病院設計学」の構築、②欧米の規準に準拠した滅菌基準の作成、③感染性廃棄物や医療ガスの処理技術の普及、④製剤などの低温保存技術の開発などを目指してまいります。

ファイルを保存される方は、マウスの右クリックから「対象をファイルに保存」、「名前をつけて保存」などを選択して保存して下さい。