HOME > プレス発表 > アルツハイマー病の超早期診断技術の確立を目指す

前のページへ戻る

プレス発表

【プレスリリース】アルツハイマー病の超早期診断技術の確立を目指す

  2013年11月27日

―東大病院など全国41施設で臨床研究を実施―

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東京大学、バイオテクノロジー開発技術研究組合は、アルツハイマー病超早期診断技術の確立を目指す全国規模での臨床研究(J-ADNI2)を、東京大学医学部附属病院(東大病院)など全国41の臨床施設で実施します。

J-ADNI2は、NEDOのプロジェクトである「脳画像・臨床・ITの融合によるアルツハイマー病超早期診断と先制医療の実現」の一環として行うもので、予定されている41施設における臨床研究を通じ、日本の認知症患者(約460万人)の6割を占めるアルツハイマー病の診断技術の確立や、治療法の開発に必要なデータを収集します。

※ 詳細は下記のURL(NEDOホームページ内)をご覧下さい。

【臨床試験への参加に関するお問い合わせ】
超早期アルツハイマー病の指標作りを目指す臨床研究(J-ADNI2)の
ホームページをご覧ください。
<ホームページURL> http://www.j-adni2.org/