受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > セカンドオピニオン

前のページへ戻る

セカンドオピニオン

1. 当院でのセカンドオピニオンをご希望の方<他院→本院>

● セカンドオピニオン外来(一部診療科)

近年、医療をとりまく環境の急速な変化により、セカンドオピニオンを求める患者さんが大幅に増加しています。その結果、外来受診中にセカンドオピニオンを求める方に十分な時間をかけてお話することが難しくなっているだけでなく、他の一般外来の患者さんをお待たせする時間が長くなり、ご迷惑をおかけしております。

そこで、当院でも一部の診療科で、セカンドオピニオンの提供を専門とする外来を設置し、運用する運びとなりました。本ページをよくお読みいただき、趣旨を十分ご理解の上、お申し込みください。

1. セカンドオピニオン外来の目的
セカンドオピニオン外来では、当院以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、現在の診断・治療に関して当院の専門家が意見を提供いたします。その意見や判断を、患者さんがご自身の治療法を選ぶ際の参考にしていただくことが目的です。

・ 新たな検査や治療は行わず、患者さんからのお話や主治医の先生からの資料の
 範囲で判断をくだすことになりますので、検査データ等が必要になります。
・ 主治医の診断・治療方針に関しての意見を提供することが本来の目的ですか
 ら、主治医の情報提供書が必要です。


2. セカンドオピニオン外来の対象となる方
・ 患者さんご本人の相談を原則とします。
・ やむを得ず患者さんご本人が来院できない場合は、相談同意書をお持ちになれ
 ばご家族だけでも相談可能です。
 ※ご家族とは=3親等以内とします。
・ 患者さんが18歳未満の場合には、必ずしも相談同意書を必要としませんが、
 続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ちください。

3. 国外在住で日本の保険証をお持ちでない方
・ 国際診療部 international@adm.h.u-tokyo.ac.jp へお申込みください。

4. 相談内容
・ 現在の診断・治療法に関する専門医としての意見提供
・ 今後の治療法や見通しに関する専門医としての意見提供


5. セカンドオピニオンをお受けできない場合
・ ご本人・ご家族以外からの相談。ご家族でもご本人の相談同意書をお持ちで
 ない場合(ただしご本人が18歳未満の場合を除く)。
・ セカンドオピニオン外来相談時に、当院での治療など診療行為を希望される場合
・ 最初から転医、転院をご希望の場合
・ 主治医に対する不満、医療過誤および裁判係争中に関する相談
・ 死亡した患者さんを対象とする場合
・ 医療費の内容、医療給付に関する相談
・ 主治医が了承していない場合
・ 当院から指定された相談に必要な資料(診療情報提供書・検査データ、レント
 ゲンフィルムなど)をお持ちで無い場合
・ 相談領域に対応できる専門医が当院にいない場合
・ 予約をしていない方


6. セカンドオピニオン外来の診療科と相談可能な疾患
下記のファイルをご参照ください。
セカンドオピニオン外来の診療科・対象疾患[PDF: 124KB]


7. 相談日と時間帯、場所
完全予約制です。
・ 相談日は診療科により異なります。
 セカンドオピニオンをお受けする場合に、候補日をお知らせし、日程を調整い
 たします。
・ 相談時間は、30分を原則とさせていただきます。相談内容により最長60分まで
 延長いたします。なお、お持ちになった資料を拝見する時間も、相談時間に
 含まれますので、ご承知おきください。
・ 相談時間終了後、主治医への返信を作成し、患者さんにお渡しします。
  ※当日のお渡しが困難な場合は主治医に直接郵送いたします。
・ ご相談は各診療科の診察室で実施します。


8. 料金
・ 30分単位21,600円。30分超60分まで43,200円(最長60分です)
・ 全額自費で、健康保険は適用されません。
・ 相談料金は、ご相談が終了した後に会計窓口でお支払いただきます。
・ お問い合わせやご予約に料金はかかりません


9. セカンドオピニオン外来に当日持参していただくもの
◆ 必ず必要なもの
 ・ 診療情報提供書
 ・ 意見提供するうえで必要なデータ、資料
 【病気の状態に応じて必要な資料は異なりますが、具体的には次のようなもの
 です。】
 ・ 血液検査記録
 ・ 生理学的検査の結果(心電図、呼吸機能、脳波など)
 ・ レントゲンフィルム
 ・ 超音波検査の結果と画像
 ・ MRI検査、CT検査のフィルム
 ・ 病理組織検査の報告書
 ・ お薬手帳(老年病科のみ必須)  など

※ 当日、主治医からの情報や検査資料をお持ちでない場合は、一般的なお話しか
 できず、有効なセカンドオピニオンは提供できないため、ご予約いただいても、
 ご相談に応じられない場合があります。あらかじめご了承ください。

◆ ご本人が来院できず、ご家族だけでご相談を受けられる場合
 ・ 患者さんご本人の署名がある相談同意書
 ※ご相談者との続柄を示す書類(戸籍謄本など)をご用意ください。
 ※病状等により同意書の記入ができない場合は、そのことを確認できる書類を
  ご用意ください。


◆ 患者さんが18歳未満の場合
 ・ ご相談者との続柄を示す書類(健康保険証など)


10. セカンドオピニオンをとるまでの主な手順
(1)主治医にセカンドオピニオンをとりたい旨相談し、同意を得る。
(2)必要資料を入手する。
  下記よりダウンロード、またはダウンロードできない場合は東大病院代表へ
  電話でお申込みください。

 【東大病院予約センターセカンドオピニオン担当】
  電話: 03-5800-8630

  自動音声ガイダンスが流れます。番号選択になりますので、
  セカンドオピニオンの「4」を選択してください。
  受付時間: 10:00~17:00(土、日、祝日、年末年始を除く)

 【ダウンロードできるもの】
   セカンドオピニオン外来のご案内[PDF: 284KB]
   セカンドオピニオン外来申込書[PDF: 100KB]
   セカンドオピニオン外来相談シート[PDF: 1MB]
   相談同意書<患者さんご本人が来院できない場合>[PDF: 10KB]

(3)上記の「セカンドオピニオン外来のご案内」をよく読み、
  セカンドオピニオンを希望する診療科を決める。

(4)主治医に診療情報提供書、検査データ等の提供を依頼し、受け取る。
(5)必要書類を、医事課外来チーム宛へ郵送してください。

  ・セカンドオピニオン外来申込書
  ・セカンドオピニオン外来相談シート
  ・相談同意書(必要な方のみ)
  ・(老年病科のみ必須)服用しているお薬のリストまたは、お薬手帳のコピー

  〒113-8655
  東京都文京区本郷7-3-1
  東京大学医学部附属病院
  「医事課 外来チーム セカンドオピニオン担当」宛
  ※申込書の連絡先には携帯電話番号の記載をお願いします。

(6)当院より、相談の可否、追加で必要な資料、相談日などを電話にて通知す
  る。
(7)当日、本人が来院できない場合は、相談同意書を準備する。
(8)指定日時の45分前までに来院し、外来棟1階①初診窓口にて受付をする。
(9)主治医に、セカンドオピニオン相談結果報告書を持参し、検査データの返却
  をする。
 ※ 詳しくは下記の図1「東大病院のセカンドオピニオン外来の手順」を参照下さ
  い。


11. その他
・ 申し込みのキャンセルや相談日の変更を希望する場合は、お早めに予約セン
 ターにご連絡ください。
・ 本院のセカンドオピニオン外来では、その場で転医をお勧めすることはありま
 せん。最初から転医をご希望の場合には、この外来の対象とはなりません。
・ 実施当日、相談内容が「セカンドオピニオンをお受けできない場合」に該当
 する内容であった場合は途中であっても中断いたします。
 ※料金は経過した時間で発生いたします。
・ 相談中の録音・録画はご遠慮願います。

図1. 東大病院のセカンドオピニオン外来の手順

 
図1. 東大病院のセカンドオピニオン外来の手順

 

2. 他施設での治療の説明(セカンドオピニオン)をご希望の方<本院→他院>

ご希望の患者さんは、主治医にお気軽にご相談ください。

図2. 東大病院から他院へのセカンドオピニオン

図2. 東大病院から他院へのセカンドオピニオン

 

受診・お見舞いトップに戻る