受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 呼吸器外科

前のページへ戻る

呼吸器外科

呼吸器外科 科長 中島 淳

 

呼吸器外科は肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜・胸壁腫瘍などの胸部腫瘍疾患の手術治療を行っています。気胸、その他手術治療が必要な良性胸部疾患に対しても手術治療を行っています。胸腔鏡手術を積極的に行い、術後早期の機能回復に努めています。また東大病院は2014年より肺移植認定施設となり、2015年4月、本格的に臨床肺移植を実施し始めました。以下の疾患については、当科では多数の方を治療しています。

(1) 原発性肺癌に対する外科治療を中心とした集学的治療 および胸腔鏡下低侵襲手術
(2) 転移性肺腫瘍に対する外科治療を中心とした集学的治療 および胸腔鏡下低侵襲手術
(3) 縦隔腫瘍、胸腺疾患に対する手術療法
(4) 自然気胸・その他の良性疾患や高齢者・低肺機能者に対する胸腔鏡手術
(5) 重症筋無力症に対する拡大胸腺全摘術
(6) 末期呼吸不全に対する脳死および生体肺移植

概要

診療体制
・科長(教授) 中島 淳 (昭和57年卒)
  外科専門医、日本外科学会指導医、日本胸部外科学会指導医、
  日本呼吸器外科学会指導医、呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、
  気管支鏡専門医、移植認定医
・スタッフ(講師) 佐藤 雅昭 (平成11年卒)
  外科専門医、呼吸器外科専門医
・スタッフ(特任講師(病院)) 安樂 真樹 (平成8年卒)
  外科専門医、呼吸器外科専門医、移植認定医
・スタッフ(助教) 似鳥 純一 (平成9年卒)
  外科専門医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医、気管食道科専門医、
  移植認定医、がん治療認定医、肺癌CT検診認定医
・スタッフ(助教) 長山 和弘 (平成11年卒)
  外科専門医、呼吸器外科専門医、移植認定医
・スタッフ(助教) 北野 健太郎(平成15年卒)
  外科専門医、呼吸器外科専門医

治療方針
(1) 非小細胞肺癌に対する治療
肺葉切除・標準リンパ節郭清が原則ですが、術前肺門・縦隔リンパ節転移陽性診断例に対しては集学的治療ならびに拡大手術を考慮いたします。高齢者・有合併症例に対しては胸腔鏡下肺葉切除(VATS-lobectomy)を行います。胸壁・大血管浸潤例に対しては心臓血管外科と協力し、拡大切除を行います。

(2) 術前未診断肺内腫瘤(肺癌疑診)に対する治療
胸腔鏡下肺生検を行い、迅速病理診断の結果から肺癌であれば続けて肺癌に対する治癒手術を行います。このような早期の肺癌に対する手術の術後成績は非常に良好です。また2014年1月より当科では気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP)法*を取り入れ、胸腔鏡下に触知困難な早期肺癌疑い病変の精密な切除を行っています。

(3) 胸腔鏡手術
自然気胸など良性疾患に対しては極力低侵襲である胸腔鏡手術による治療を行います。

(4) 転移性肺腫瘍
原発巣が治癒している事を条件として、肺転移に対して外科治療を行います。胸腔鏡による低侵襲手術を優先して行います。前述のVAL-MAP法*は転移性肺腫瘍の切除にも有効で、これまで切除困難だった5mm以下の小さな転移性肺腫瘍や化学療法後の残存小病変に対しても手術が可能となっています。肝臓転移合併例に対しては当院肝胆膵外科との協力の下に、肝臓・肺転移の両方を外科的切除します。

*VAL-MAPは保険適応となっておらず、「臨床研究」として実施しています。

得意分野
(1) 原発性肺癌に対する拡大切除・郭清
(2) 原発性肺癌に対する胸腔鏡下診断および胸腔鏡下肺葉切除
(3) 転移性肺腫瘍に対する外科治療
(4) 胸腺腫・重症筋無力症に対する拡大胸腺全摘術
(5) 肺移植(脳死・生体)

対象疾患

・ 原発性肺癌
・ 転移性肺腫瘍
・ 診断がはっきりしない肺内異常陰影
・ 縦隔腫瘍、重症筋無力症
・ 胸膜中皮腫、胸壁腫瘍
・ 自然気胸、巨大肺嚢胞症
・ 肺気腫
・ 手掌多汗症
・ 漏斗胸、胸壁腫瘍
※肺移植の適応疾患は当科ホームページをご覧ください。 こちらをクリック

外来担当一覧

先進・特殊医療

胸腔鏡下手術
肺・縦隔疾患に対する手術治療をテレビモニター観察下に内視鏡的に行う方法です。通常の開胸手術と比較すると低侵襲性である点が優れています。肺癌に対する肺葉切除・リンパ節郭清も本方式で可能です。

循環器疾患を合併する呼吸器疾患に対する呼吸器・心臓同時手術
手術治療を要する悪性肺・縦隔疾患患者に虚血性心疾患などの循環器疾患を合併した場合に、心臓手術と呼吸器手術を一期的に施行します。

末期呼吸不全に対する肺移植(脳死・生体)
間質性肺炎、肺気腫、肺高血圧、リンパ脈管筋腫症、造血幹細胞移植後肺障害などの良性疾患による、内科的治療で改善が見込めない末期呼吸不全に対し脳死および生体肺移植を行うことがあります。詳しくは当科ホームページをご覧ください。 こちらをクリック

触知困難肺結節に対する気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP*)法を用いた精密胸腔鏡下縮小手術
手術から2日以内に局所麻酔下に気管支鏡を使って、肺表面の複数個所に少量の色素(インジゴカルミン)を噴きつけ、肺表面に「地図」を描くことで精密な手術を可能とする新しい方法です。詳しくは当科ホームページをご覧ください。 こちらをクリック

胸腔鏡下交感神経切除術
手掌多汗症に対して胸腔鏡下に胸部交感神経を切除するもので、少ない侵襲、短い入院期間によって本症に即効的な効果をもたらします。

肺気腫に対する容量減少手術
肺気腫によって過膨張した肺容積を適度な肺切除を行うことによって、肺残気量を減少させ、横隔膜運動を適正化させ、呼吸機能を向上させます。

切除不能肺癌・再発肺癌に対する免疫療法
標準的な治療に対して抵抗性の再発・進行肺がんに対して、γδ(ガンマデルタ)T細胞を用いた免疫細胞治療の自主臨床試験を第3項先進医療(高度医療)として開始します。詳細はこちらをご覧ください。

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 原発性肺癌
2. 転移性肺腫瘍
3. 縦隔腫瘍、胸腺疾患、重症筋無力症
4. 胸壁・胸膜腫瘍
5. 気胸 (特発性および続発性)
6. 漏斗胸・手掌多汗症
7. 肺移植適応となる末期呼吸不全(詳しくは当科ホームページをご覧ください。 こちらをクリック

【治療方法】
1. 肺癌・転移性肺腫瘍に対する胸腔鏡下低侵襲手術
2. 進行性肺癌に対する拡大手術
3. 気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP*)法を用いた精密胸腔鏡下縮小手術
4. 進行性肺癌・再発肺癌に対する、分子標的治療薬および免疫療法を
  組み合わせた治療
5. 縱隔腫瘍に対する、EBMに基づいた治療法
6. 胸腔鏡による漏斗胸・手掌多汗症などの低侵襲手術
7. 心疾患など合併症を有するハイリスク患者に対する呼吸器外科手術
8. 末期呼吸不全に対する脳死および生体肺移植

【検査方法】
1. 肺癌・転移性肺腫瘍に対するCT、FDG-PETを組み合わせた画像検査
2. 悪性腫瘍が疑われる肺内小腫瘤に対する胸腔鏡診断と同時手術による早期治療
3. びまん性肺疾患に対する胸腔鏡下肺生検法
4. 超音波気管支鏡(EBUS)を用いたリンパ節生検、ステージングと治療方針の決定
その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成25年)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、認定医数(平成25年11月1日現在)

研修内容

目標
呼吸器外科専門医として、原発性肺癌をはじめとする疾患を有する患者の診断・外科療法を適切に行いうる技術および医師としての倫理を身につけることが目標となります。卒後5年で外科専門医資格、卒後7~11年までに呼吸器外科専門医資格を取得します。国内・国際学会での発表や英文雑誌への論文投稿を行うことができる臨床および研究の両面にわたる実力を身につけていきます。特に大学病院では肺移植、VAL-MAP法、癌免疫治療等の先端医療を経験するとともに、これらの研究的側面を知ることでアカデミックサージャンとしての礎を築きます。卒後15年目までに、術者としての豊富な臨床経験を備え、多数の学会発表や論文投稿を行い、後進の呼吸器外科医を教育できる指導医としての資質を養成します。

研修医1年目
呼吸器外科入院症例を担当し、呼吸器外科疾患に対する専門的な知識の習得、一般外科の基本的手技(縫合・結紮等)の修得、術後管理の実際的知識を習得します。臨床医としての患者に対する基本的態度を養います。チーム医療を実践し理解を深めます。

研修医2年目
呼吸器外科入院症例を担当し、呼吸器外科疾患に対する専門的な知識の習得、一般外科の基本的手技の修得、胸腔鏡手術における基本手技、肺移植を含めた術後管理の実際的知識を習得します。臨床医としての患者に対する基本的態度を養います。チーム医療を実践し理解を深めます。

卒業後 3年目以降
東大病院または他院における2年間のスーパーローテート研修の終了後,一般外科の修練を2年間行います。卒後5年で外科専門医の資格を修得するために必要な症例経験を積みます。その後は東大病院および関連病院において,呼吸器外科専門医に認定されるための修練を行います.認定後はさらに各施設呼吸器外科のチーフとして活躍できるような応用力を持てるようにします.

当科に関するお問い合わせは電子メール(nakajima-tho@h.u-tokyo.ac.jp 中島)にてお願いいたします。

リンク

その他

定期的研究会
(1) 臨床カンファランス(月~金毎朝)
(2) 呼吸器 Cancer Board 会議(毎週木曜日夕刻)
(3) リサーチミーティング(月1回開催:土曜日午前)
(4) 外科・内科・病理・放射線科4科合同呼吸器カンファランス(月1回開催:第1木曜夕刻)
(5) 論文抄読会(月1回開催:第4金曜夕刻)
(6) 呼吸器外科レクチャー (不定期)

勉強会
(1) 関連病院合同勉強会(毎年7月・12月)
(2) 胸腔鏡手術アニマルラボトレーニング(年2回開催)

教室年報
東京大学医学部胸部外科学教室業績集 1997年~2005年 (2005年発行)
髙本教授退任記念東京大学心臓外科学・呼吸器外科学教室業績集 2005年~2008年 (2009年発行)

受診・お見舞いトップに戻る