受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 整形外科・脊椎外科

前のページへ戻る

整形外科・脊椎外科

整形外科・脊椎外科 科長 田中栄

 

 

お知らせ

当科では、骨・関節・筋腱・靱帯・脊椎・脊髄・末梢神経など、主に運動器の疾患と外傷を扱っています。患者さんをご紹介頂く場合、紹介状と画像資料を添えていただくと、患者さんのご負担が軽減いたします。ご協力の程、お願いいたします。

東京大学医学部整形外科学教室ホームページ http://www.u-tokyo-ortho.jp/

概要

診療体制
各専門領域を扱う専門別診療は主に午後に行っております。専門領域毎に曜日が決まっておりますので、ご紹介いただく際には当科のホームページ(http://www.u-tokyo-ortho.jp/)をご参照ください。
整形外科・脊椎外科ホームページ

得意分野
脊椎外科領域では、頚髄症または頸椎症性脊髄症や腰部脊柱管 狭窄症に対して当科で開発された棘突起縦割式頚椎椎弓形成術 や棘突起翻転式腰椎椎弓形成術を、また内視鏡を用いた低侵襲手術や側弯症に対する変形矯正手術を数多く行い、良好な成績をあげ ています。股関節外科領域では、変形性股関節症を中心に、当科オリジナルの長寿命型人工股関節を用いた人工股関節全置換術、 種々の骨切り術などを行なっています。膝関節外科領域では、スポー ツ外傷に対するナビゲーションガイド下の靱帯再建術、変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術、単顆置換術などを数多く行っ ています。関節リウマチ患者に対しては、さまざまな関節に対する外科治療のみならず、生物学的製剤など新しい薬物を用いた治療も行っ ています。骨軟部腫瘍領域では外科治療に加えて悪性腫瘍に対する化学療法を行っており、良好な成績を残しています。手外科領域では外傷を中心に、さまざまな疾患の治療を行っております。足の外科 領域では外反母趾をはじめとした足部の問題に取り組んでいます。

対象疾患

頚髄症または頸椎症性脊髄症、靱帯骨化症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、側弯症、変形性股関節症・膝関節症・足関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、膝関節靱帯損傷、骨軟部腫瘍、骨転移、 骨粗鬆症、四肢変形・短縮、外傷全般(骨折・腱断裂など)、母指CM関節症、屈筋腱損傷、外反母趾

外来担当一覧

先進・特殊医療

コンピューターナビゲーションシステムを用いた脊椎手術
術前あるいは術中画像から手術のシミュレーションを行い、計画通りに手術操作を行うシステムです。脊椎内固定設置や病変切除を高精度のものにしています。( 関連画像

三次元再構成画像による股関節疾患の診断と治療
高度な形態異常を伴う股関節疾患に対して、三次元再構成画像ワークステーション、ナビゲーションシステムを用いることで、術中に計画通りの手術を遂行することができます。

コンピューターナビゲーションシステムを用いた膝関節鏡視下靱帯再建術
前十字靱帯再建時の大腿骨骨孔作製時にコンピューターナビゲーションを使用して、2重束の再建靱帯を解剖学的に正確な位置に関節鏡視下に作製することができます。

定量的CTを用いた有限要素法による骨強度予測評価
患者さんにCT撮影をしていただき、CT画像と有限要素法による構造解析を組み合わせることによって、どの程度の力で骨折が起こりうるか、またどこで骨折するかを予測(先進医療)できるようになりました。従来の骨密度測定よりも、より正確に骨強度が評価できます(骨粗鬆症、骨変形、骨腫瘍、骨腫瘍掻爬術後、骨髄炎掻爬術後に係るものに限る)。

実物大臓器立体モデルによる脊椎疾患・上肢疾患の手術計画
高度な形態異常を伴う脊椎疾患や股関節疾患に対して、手術前に三次元実体モデルを作製することで、解剖学的な位置関係を正確に把握することが可能で、手術のシミュレーションを術前に行うことができます。肘・手指の関節面欠損に対して肋軟骨移植等を行っていますが、その手術前に実物大立体モデルを作成することでより正確な移植片を形成することができます。

内視鏡下腰椎後方手術
内視鏡下腰椎後方手術(MED)を腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の一部の症例に対して実施しています。従来の手術に比べ、傷口が小さく、出血量が少なく、入院期間が短いのが特徴です。( 関連画像

術中脊髄超音波診断
手術中に、脊髄の状態をリアルタイムに把握することができます。( 関連画像

術中電気生理学的検査
手術中に誘発脳波、脊髄誘発電位、神経活動電位などを測定し、神経損傷を診断することができます。

創外固定器による四肢再建手術
骨の変形や短縮、欠損、偽関節や軟部組織の短縮を治療することができます。

骨軟部腫瘍のキメラ遺伝子の分子病理診断
脂肪肉腫、ユーイング肉腫のキメラ遺伝子を、分子生物学的手法を用いて病理組織検体より検出し、病理診断を行うことができます。

術中CT撮影
ポータブル型CTが導入され術中に手術の出来具合を3次元的に確認できるようになりました。( 関連画像

脊椎脊髄のマイクロ手術
脊髄腫瘍などの手術では細かい作業を顕微鏡視下で行い、安全性と手術精度を高めています。

コンピューターナビゲーションシステムを用いた人工膝関節全置換術
関節リウマチの膝関節病変、変形性膝関節症に対してコンピューターナビゲーションを利用した人工膝関節全置換術を行っています。従来法に比べて格段に正確な骨切、コンポーネントの設置が可能です。( 関連画像

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 頚髄症または頸椎症性脊髄症
2. 後縦靱帯骨化症
3. 黄色靱帯骨化症
4. 脊柱管狭窄症
5. 椎間板ヘルニア
6. 側弯症
7. 変形性股関節症
8. 変形性膝関節症
9. 関節リウマチ
10. 大腿骨頭壊死症
11. 骨粗鬆症
12. 膝関節靱帯損傷
13. 骨軟部腫瘍
14. 四肢変形・短縮
15. 難治骨折
16. 外傷全般(骨折、腱断裂など)
17. 母指CM関節症
18. 屈筋腱損傷
19. 外反母趾

【治療方法】
1. 頚椎・腰椎椎弓形成術
2. 脊椎前方除圧固定術
3. 内視鏡下椎間板切除術
4. 術棘突起翻転式トランペット型開窓術
5. 脊椎矯正骨切り・固定術
6. 人工関節全置換術(股関節、膝関節、肘関節)
7. 寛骨臼回転骨切り術
8. 高位脛骨骨切り術
9. 関節リウマチ手関節形成術
10. 関節リウマチ足趾形成術
11. 膝関節鏡視下靭帯再建術
12. 骨軟部悪性腫瘍広範切除術
13. 骨軟部良性腫瘍切除術
14. 骨延長手術
15. 偽関節手術
16. 観血的整復内固定術
17. 腱縫合術
18. 母指CM関節形成術
19. 外反母趾手術

【検査方法】
1. 各種画像検査(単純X線写真、CT、MRI、三次元画像診断など)
2. 骨密度検査
3. 筋電図
4. 神経伝導速度
5. 神経根造影 ・ブロック
6. 脊髄造影
7. 骨シンチ・腫瘍シンチ
8. 針生検
9 .膝関節鏡検査

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成27年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、専門医数(平成26年10月1日現在)

研修内容

研修医の研修内容
5~10人の病棟患者さんを担当していただき、病棟医長・オーベン・中ベンの指導のもと、病歴の取り方・診察手技・画像所見の読み方・カルテ記載・治療方針の決定、リハビリオーダーの仕方・退院時期の判断の仕方などについて学んでいただきます。
担当の患者さんの手術には必ず助手として入り、整形外科特有の手術器械やターニケットの使い方、術中の患肢の持ち方などについて学んでいただきます。
また救急患者さんの診療にも機会に応じて関わってもらい、シーネの当て方、ギブスの巻き方、開放骨折の初期治療などについて学んでいただきます。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る
整形外科 人工関節センター