受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 形成外科・美容外科

前のページへ戻る

形成外科・美容外科

形成外科・美容外科 科長 岡崎睦

 

形成外科は、先天性後天性を問わず、主として体表の形態・機能の再建を担当する診療科で、その診療領域には全身が含まれます。顔面・頸部、手足など人目につく部位を扱うことが多いため、外観にも配慮した繊細かつ精密な手術手技で対応しています。

お知らせ

形成外科の対応する疾患は多様にわたりますが、当科では、それぞれの疾患・変形に対して、専門性をもった医師が対応しています。受診の際は、医師の専門を確認の上、該当する曜日に受診されるよう、お願いいたします。また、受診の際にレントゲンや初診時の写真などがあると診断の助けとなりますので紹介状とともにご持参下さい。

概要

診療体制
形成外科専門医が、それぞれの専門性を生かした診療を行っております。また、変形・機能障害によっては、複数の診療科の専門医がチームとなって総合的に治療を行っています。その中でも、顔面神経麻痺や陳旧性顔面変形の再建、眼瞼下垂の形成、リンパ浮腫の外科的治療、放射線や糖尿病などによる慢性潰瘍の治療、乳房欠損・変形の再建などを得意としています。 また顔面骨骨折、切断指再接着なども積極的に救急対応しています。

治療方針
「多くの患者さんが満足する平均点の高い治療」ではなく、患者さんとの話し合いによる「病態と希望に合ったオーダーメイドの治療」をモットーとして診療を行っています。

得意分野
(1)陳旧性顔面変形・顔面神経麻痺の再建
腫瘍切除や外傷後に残ったもの、変性疾患によるもの、生まれつきのものなど、原因を問わず、顔面麻痺や変形について治療を行っています。年月が経って、“もう治らない”と思っているもの、軽微な変形・麻痺でもご相談下さい。
(2)眼瞼下垂の形成術
上眼瞼が下がってしまって視野が狭くなると、目の疲れや肩こりがひどくなる場合があります。眼瞼下垂の原因には様々なものがありますので、原因に応じた形成術を行います。
(3)上肢・下肢のリンパ浮腫の軽減手術
微小血管吻合の技術を用いて、リンパ管静脈吻合、リンパ節移植などの治療を行っています。
(4)腫瘍切除後の再建
頭頸部・顔面・四肢・乳房など、腫瘍切除時の同時再建のほか、腫瘍切除から年月が経ってからの再建もご相談ください。
(5)切断指(含む耳・陰茎その他組織)再接着
(6)皮膚のひきつれや動きの制限に対する再建術
熱傷や外傷などの後に残った変形・機能障害に対して、皮弁手術等により修正します。軽い変形や違和感等もご相談ください。
(7)顔面・手足の先天異常の再建
口唇口蓋裂、小耳症、頭蓋顔面骨異常、顔面脂肪萎縮症、指欠損など。手術後に残った変形についてもご相談下さい。
(8)血管腫・静脈奇形・動静脈奇型の治療
(9)手足・体幹の難治性潰瘍・褥創
糖尿病性や膠原病が原因の足潰瘍では、可能な限り四肢切断回避し、温存を目指します。
(10)美容手術術後合併症(乳房異物感染、神経麻痺など)

その他
美容外科:重瞼、しみ・しわ・あざのレーザー治療など

対象疾患

顔面神経麻痺, 悪性腫瘍切除後の変形・神経機能障害(頭頸部、乳房など.切除から時間が経った陳旧性のものも含む),頭蓋・顔面・手足の先天異常(口唇口蓋裂、頭蓋顔面骨異常、小耳症など)、各種しみ・あざ・血管腫(動静脈奇型)、指切断、リンパ浮腫、褥創・難治性潰瘍・骨 髄炎、糖尿病性足壊死・潰瘍、各種の腫瘍(耳下腺腫瘍、皮膚癌、軟部肉腫)、顔面骨骨折、顔面変形に対する治療(変性疾患や陳旧性顔面骨骨折後等)、 眼瞼下垂、睫毛内反、外鼻変形、美容治療後の合併症や変形に対する治療

外来担当一覧

先進・特殊医療

陳旧性顔面神経麻痺に対する、微小血管吻合を用いた神経・筋肉移植による「笑い」の表情の再建
当科では、筋肉を複数に分割して移植し、自然な笑いと意図的な口角の動きを、方向を変えながら一度の手術で再建する手術を行っています。

超微小外科技術(0.7mm以下のリンパ管・血管吻合)を用いた再建
超微小外科技術は、リンパ浮腫に対するリンパ管細静脈吻合術、リンパ節移植術、切断されてしまった指をつなぐ切断指再接着に生かされています。

顔面変形の再建術
生まれつきの顔面非対称や後天的な変性疾患・交通外傷・腫瘍切除によって残った顔面変形・機能障害に対して、骨切り術、骨移植術、脂肪移植術、血行をもった脂肪や筋肉移植により、再建を行います。

患者さんの希望に合わせた乳房再建
当院で行われた乳がん切除に限定せず、他院で過去に行われた乳がん手術による乳房欠損に対しても、人工乳房による再建や自己組織移植により再建を行っており、それぞれの利点、欠点をご説明しながら、希望に合わせた術式と大きさに再建します。乳輪・乳頭の再建にも対応しています。

血管腫・動静脈奇形に対する硬化・塞栓療法&広範切除と遊離皮弁移植による再建(患肢、手温存療法)

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 陳旧性顔面神経麻痺の再建
2. リンパ浮腫の治療
3. 陳旧性顔面変形・後遺症の再建
4. 悪性腫瘍切除後の欠損・変形・機能障害の再建(顔面、乳房、四肢など)
5. 切断指(耳・鼻・陰茎などその他組織も)の再接着
6. 難治性潰瘍
7. 血管腫・血管奇形
8. 顔面や手指の先天異常の再建
9. 各種しみ・あざなど

【治療方法】
1. 顕微鏡下微小外科技術を用いた再建(遊離組織移植)
2. 顕微鏡下超微小外科技術を用いたリンパ管細静脈吻合術・血管柄付きリンパ移植術
3. 骨切り術
4. 顔面神経麻痺再建術
5. 乳房再建
6. 各種レーザー治療

【検査方法】
1. ICGリンパ管造影および血流検査
2. カラードップラーエコー(超音波)
3. 筋電図
4. ハイスピードカメラ
5. CT,MRI
6. 血管造影

リンク

受診・お見舞いトップに戻る