受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 緩和ケア診療部

前のページへ戻る

緩和ケア診療部

緩和ケア診療部 部長 住谷昌彦

 

がん医療の進歩により治癒率が向上して参りましたが、がんによる様々な症状とがん治療に伴う様々な症状に対する対策を積極的に提供し、がん診療と療養環境をサポートするのが当部の役割です。
緩和ケアとは、がんの治癒を目的とした治療とは異なる視点から、痛みとその他の身体症状のコントロール、心理社会的問題、気持ちのつらさのケアを最優先課題とする全人的医療です。緩和ケアは終末期医療と一般に認識されておりますが、当部ではがんと診断されたときから診療に参加し、がん治療を積極的にサポートする体制も整備しています。東大病院緩和ケア診療部では、緩和ケアチームを中心として、単に身体症状のコントロールだけでなく、こころのケアや社会的なサポートも同時に行い、患者さんのQOL(Quality of life)を総合的に高めることを目的として積極的に活動を行っています。また、医学部生などの教育や緩和医療学研究の拠点ともなっています。
(緩和ケア診療部長 住谷昌彦)

緩和ケア診療部PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクル目標

 2015年度早期緩和ケア介入の実現