受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 顎口腔外科・歯科矯正歯科

前のページへ戻る

顎口腔外科・歯科矯正歯科

顎口腔外科・歯科矯正歯科 科長 高戸 毅

 

顎口腔外科・歯科矯正歯科は、2つの部門に分かれます。顎口腔外科部門は、口、歯、顎に関連した外科手術を中心に、口腔関連の炎症や腫瘍の管理を行っています。歯科矯正歯科部門は、腫瘍や外傷による歯・顎骨欠損部を、入れ歯やデンタルインプラント(人工歯根)を用いて補ったり(補綴歯科)、著しい顎骨変形を持つ患者の咬合を改善したり、顎の成長をコントロールしたりしています(矯正歯科)。

お知らせ

当科は医学部附属病院の歯科関連の診療科として、顎顔面変形症、顎顔面外傷、口腔内炎症、口腔腫瘍など歯や顎に先天性または後天性異常のある方、重い全身疾患のある方を主な診療対象としております。従いまして、健康な方、軽度の全身疾患のある方で、通常の歯科診療により治療可能と思われる場合、適切な医療機関をご紹介させていただいております。ご理解をお願いいたします。
------------------------------------------------------------------------

当科を受診される患者さんへ
患者様の個人情報の取扱いと臨床研究について

概要

診療体制
当科は医師と歯科医師がチームを組んで集学的治療を行っています。
顎口腔外科医: 外科手術、病棟や外来での全身管理を担当します。
補綴歯科医: 歯や顎の欠損に対して人工物を用いて補います。
矯正歯科医: 機械的な力を加えて、咬合、顎発育を管理します。

治療方針
初診時に疾患の種類により、それぞれの治療に適した担当医を決定します。その後、必要に応じ、X線検査、血液検査、顎口腔機能検査、組織生検などを行い治療方針を決定します。

得意分野
顎口腔外科部門
(高戸教授、飯野准教授、森講師、引地講師、近津特任講師、西條特任講師)
口唇口蓋裂、顎顔面変形症、顎顔面骨折、顎骨腫瘍の外科手術。顎関節疾患、口腔内炎症などの管理。

歯科矯正歯科部門
補綴歯科 (大木講師、小笠原講師、大橋助教)
口唇口蓋裂などの先天異常、外傷、腫瘍切除後の歯・顎骨欠損に対する補綴処置(入れ歯、ブリッジ、デンタルインプラントなど)
矯正歯科 (須佐美准教授、松崎助教、大久保助教)
口唇口蓋裂などの顎顔面先天異常児の顎骨成長管理。顎顔面変形症、顎骨骨折、顎骨腫瘍の外科手術前後の咬合管理。

対象疾患

顎顔面先天異常(口唇口蓋裂、鰓弓症候群、頭蓋癒合症など)、顎顔面変形症(下顎前突、上顎前突など)、顎顔面骨折、顎関節疾患、智歯周囲炎、口腔腫瘍、口腔炎症。

外来担当一覧

先進・特殊医療

顎骨骨延長
顎骨を徐々に大きくします。

実物大臓器立体モデルによる手術計画
術前に三次元立体モデルを作成し、手術シミュレーションを行ないます。

カスタムメイド人工骨による骨移植
カスタムメイドの人工骨を顔面骨に移植します。

主な検査と説明

● デンタルX線写真、パノラマX線写真検査
歯、顎骨異常の判定

● 頭部X線規格写真検査
顎顔面形態の定量的解析

● 歯髄診査
歯の生死の判定

● 歯周検査
歯周疾患進行度の判定

● 顎口腔機能検査
顎運動、咀嚼筋機能の判定

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 口唇口蓋裂
2. 顎変形症
3. 顎骨骨折
4. 口腔腫瘍

【治療方法】
初診時に疾患の種類により、それぞれの治療に適した担当医を決定します。その後、必要に応じ、Ⅹ線検査、血液検査、顎口腔機能検査、組織生検などを施行し治療方針を決定します。

【検査方法】
X線検査(頭部X線規格写真、パノラマX線写真、三次元CT)

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院・外来別患者数(平成24年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成24年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成24年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成25年度)

学会の指導医数、認定医数(平成22年4月1日現在)

研修内容

病棟、外来を通じ、歯科口腔外科、歯科、矯正歯科の広い範囲を総合的に研修します(歯科研修医)。

当科を受診される患者さんへ

当科では取得した患者様の貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけではなく教育研究機関として所定の目的に利用させていただきたいと思いますので、患者様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくは、以下の文書をご確認くださいますようお願い申し上げます。

  患者様の個人情報の取扱いと臨床研究について[PDF:56.0KB]
  別紙1 対象症例 [PDF:104KB]
  別紙2 解析項目 [PDF:60.0KB]

------------------------------------------------------------------------

当科にて唇顎口蓋裂の矯正歯科診療を受けられている方へ

当科は、唇顎口蓋裂の患者さんに対する治療を改善することを目的に、治療結果を科学的に評価することを目的とした一般社団法人・日本口蓋裂学会のJapancleft 委員会の活動に参加しています。この活動は、東大病院だけでなく、多施設共同研究として日本全国の病院が参加しているものです。このたび、その活動の一環として唇顎口蓋裂を持つ患者さんの乳歯列期の不正咬合(悪い咬みあわせ)を科学的に評価する研究を行うこととなりました。つきましては、これまで矯正歯科治療のために作成した歯列模型(歯型)を研究に用いさせていただきます。

詳しくは、以下の文書をご確認くださいますようお願い申し上げます。

  当科にて唇顎口蓋裂の矯正歯科診療を受けられている方へ [PDF:100KB

リンク

受診・お見舞いトップに戻る