受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 脳神経外科

前のページへ戻る

脳神経外科

脳神経外科 科長 中冨浩文

 

東京大学医学部附属病院脳神経外科では、手術治療が難しい脳深部や頭蓋底部の腫瘍、脳動脈瘤、難治性てんかんなどを数多く経験しており、それら難治療症例に対して最新の手術機器(手術顕微鏡、ナビゲーションシステム、神経内視鏡、手術モニタリング装置、血管造影装置、ガンマナイフ等)を駆使して良好な治療成績をあげています。境界領域とされる難しい疾患に対しても、放射線科、耳鼻咽喉科、形成外科、小児科、神経内科など、優れた他診療科との連携により、合同の医療チームで治療にあたっています。

お知らせ

教室独自のホームページもご参照ください。
  脳神経外科ホームページ http://www.h.u-tokyo.ac.jp/neurosurg/index.html

脳神経外科疾患に関するセカンドオピニオンも受け付けています。日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本てんかん学会専門医研修施設に認定されています。治療困難な脳血管疾患や脳腫瘍に対する各種新規治療法の開発に取り組んでいます。

概要

診療体制
下記の体制で診療にあたっています(2016年7月1日現在)。

斉藤 延人 教授
中冨 浩文 准教授 科長
辛 正廣   講師 外来診療担当副科長
武笠 晃丈 講師
今井 英明 特任講師 入院診療担当副科長
庄島 正明 特任講師(病院)

<助教>
越智 崇
金 太一
田中 將太
國井 尚人
高柳 俊作
宮脇 哲
小野 秀明
長谷川 洋敬

<特任臨床医>
4~5名

<専門研修医>
4名

<初期研修医>
1~4名

外来診療は、月~金の午前中に一般外来(初診、再来)を行っています。また月・水・金の午前と午後には各専門外来を行っています。
入院診療は、主に7階南病棟と4階ICUおよび小児病棟で行っています。
手術は火、水、木の予定手術で、緊急手術は随時行っています。

治療方針
脳の機能イメージングや術中電気生理モニタリング、ナビゲーションシステムなど、最新の設備・機器・技術を駆使して、安全性の高い外科治療を心がけています。

得意分野
・ 脳動脈瘤の手術
・ 聴神経腫瘍の手術
・ 頭蓋底腫瘍の手術
・ 脳血行再建手術
・ 難治性てんかんの外科的治療
・ 悪性脳腫瘍の集学的治療
・ 小児脳腫瘍の集学的治療
・ 三叉神経痛・顔面痙攣の手術
・ ガンマナイフ
・ 血管内手術

対象疾患

・ 脳腫瘍(神経膠腫、聴神経腫瘍、頭蓋底腫瘍、髄膜腫、下垂体腺腫など)
・ 脳血管障害(脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳出血、脳梗塞、もやもや病など)
・ 成人及び小児の難治性てんかん
・ 脊髄腫瘍、脊髄血管奇形、脊髄空洞症、頸椎症
・ 三叉神経痛、顔面痙攣
・ パーキンソン病、ジストニア
・ 先天奇形(水頭症、髄膜瘤等)
・ 頭部外傷

外来担当一覧

主な検査と説明

外来
・ CT
・ PET
・ MRI
・ 機能MRI
・ 脳波
・ 脳磁図
・ 脳血流

入院
・ 脳血管撮影
・ 機能MRI
・ 長時間ビデオ脳波

先進・特殊医療

ガンマナイフ
高線量の放射線を一カ所に集中して照射することにより効果の高い治療を行う。AVM, 聴神経腫瘍などの良性疾患にも適応される。

悪性脳腫瘍に対する非開頭硼素中性子捕捉療法(BNCT)
日本原子力研究所(東海村)で施行

悪性脳腫瘍に対するHUVEC療法

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 頭蓋底腫瘍の治療 
2. 神経膠腫の治療 
3. 聴神経腫瘍の治療 
4. 下垂体腺腫の治療 
5. 脳動脈瘤の治療 
6. 脊髄腫瘍の治療 
7. てんかんの治療 
8. 顔面痙攣、三叉神経痛の治療 
9. 脳動静脈奇形の治療 

【治療方法】
1. できる限り低侵襲かつ効果のあがる手術治療法 
2. 内視鏡・画像ナビゲーション・機能モニタリングを駆使した安全な手術治療 
3. 手術後早期にQOLを回復できる治療をめざす 
4. 悪性疾患に関しては長くQOLを維持できる治療を目指している 
5. ガンマナイフや他の治療法を集学的に取り入れ最新の治療を目指している

【検査方法】
1. MRI (機能画像、Tractographyなどを含む)、MR血管撮影 
2. CT、三次元CT、CT血管撮影 
3. 核医学検査(PET、SPECT) 
4. 高次神経機能検査 
5. 脳血管撮影 
6. 脳磁図

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院・外来患者数(平成27年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成27年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査(平成27年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、専門医数(平成28年7月1日現在)

研修内容

研修医1年目
手術前・術後管理、重症・救急患者の管理の修得。基本的手術手技(穿頭、基本的開頭術)の修得。学会発表。

研修医2年目など
手術前・術後管理、重症・救急患者の管理の修得。基本的手術手技(穿頭、基本的開頭術)の修得。学会発表。

後期研修
卒後7年目の脳神経外科専門医の取得を目指し、研修プログラムを組んでいます。詳細は下記ホームページを参照してください。
  脳神経外科後期臨床研修プログラム http://www.h.u-tokyo.ac.jp/neurosurg/residency/

その他

定期的研究会
【研究会】
脳腫瘍研究会、脳血管研究会、火燿会、春秋コングレス

【合同カンファランス】
神経内科、放射線科との3科合同症例検討会、脳腫瘍病理カンファレンス

【教室年報】
年に一回、教室の業績集を出版

リンク

受診・お見舞いトップに戻る
 てんかんセンター