受診・お見舞い

神経内科

神経内科 科長 辻省次

 

神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診療しています。
当科の対象疾患は次のようになっています。

・神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索
 硬化症、脊髄小脳変性症など)
・免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など)
・感染性疾患(脳炎、髄膜炎など)
・血管障害(脳梗塞、脳出血など)
・頭痛
・その他(筋ジストロフィー、てんかん、ミトコンドリア脳筋症など)

お知らせ

神経内科の外来受診は予約制となっています。予約をとって受診するように患者さんにお伝え下さい。

概要

診療体制
外来では日本神経学会認定医の資格をもつ専門医が診療を行い、病棟ではこれらの専門医の指導のもとに病棟医が主治医をつとめ、神経疾患の診療の経験豊富な看護婦と共に診療にあたっています。入院症例については、毎週医局員全員が揃う症例検討会で検討のうえ、診療方針を決定しています。

次のような症状をお持ちの方が対象
・ 手足の動きが悪い、力が入らない、手足が痩せてきた
・ 手足・口などが意志とは関係なく動く、ふるえる
・ ふらつく、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する
・ 手足がしびれる、感覚が鈍い
・ 物が二重に見える、瞼が重い
・ 物忘れが強い、計算ができない、字が読めない・書けない
・ 呂律が回らない、飲込むときにむせる
・ 意識がなくなる、けいれんをおこすことがある
・ 頭痛

治療方針
初診では詳細な病歴と神経学的所見をとり、必要があれば血液検査やX線検査を行ったり、CT・MRIなどの画像検査や脳波・筋電図などの生理検査を予約します。それらに基づいて治療方針を決定しますが、必要があれば入院して診断と治療を行うこともあります。

得意分野
当科では,神経内科専門医が外来を担当しており、どの担当医も神経内科疾患全般を診療しております。特殊な検査などについては、お互いに適宜コンサルトを行い、最善の診療を行うようにしています。専門外来として、頭痛外来を開設し、主に片頭痛の診療にあたっております。また、主にパーキンソン病患者さんを対象として、脳深部刺激療法(Deep brain stimulation: DBS)についてのご相談に応じ、手術の適応について検討するDBS外来も行っております。

対象疾患

神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎など)、感染性疾患(脳炎、髄膜炎など)、血管障害(脳梗塞、脳出血など)、その他(筋ジストロフィー、てんかん、ミトコンドリア脳筋症など)

外来担当一覧

先進・特殊医療

遺伝性神経疾患の遺伝子診断
遺伝性神経疾患について、患者さんおよび御家族に十分な説明を行い、ご承諾を得た上で遺伝子検査を行っております。現在、当科では、ハンチントン病、脊髄小脳変性症、球脊髄性筋萎縮症といったトリプレットリピート病の遺伝子診断の他、最先端のDNAマイクロアレイの技術を駆使して遺伝子診断を迅速に行う方法を開発し、パーキンソン病関連疾患、痙性対麻痺、副腎白質ジストロフィー、プリオン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病その他の痴呆性疾患に関連する遺伝子についても解析を行っております。

免疫性神経疾患の抗体測定
ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群などの末梢神経炎や特殊な脳炎などの診断のため、自己抗体の測定を行っています。

磁気刺激法による中枢神経の検査
磁気刺激法を用いて、中枢神経伝導路の異常を検出します。

筋生検・末梢神経生検
筋炎、筋ジストロフィーなどの筋疾患や末梢神経障害の診断のために生検をおこない病理学的診断をおこないます。

深部脳刺激療法(Deep brain stimulation: DBS
パーキンソン病の患者さんを対象に当院では脳深部刺激療法を始めました。まず、当科に入院していただき、パーキンソン病の状態についてきめ細かく評価いたします。その評価結果から、適応がある場合には、深部脳刺激装置埋め込み術を行います。当院では神経内科、脳神経外科、精神科、心療内科の医師でチームを組み、万全の体制で手術及び術前後の診療にあたります。

主な検査と説明

外来
・ 神経伝導速度検査
・ 筋電図
・ CT、MRI
・ 脳波

入院
・ 腰椎穿刺
・ PET
・ 血管撮影

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 神経変性疾患(多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、ハンチントン病、脊髄小脳変性症など)
2. 免疫性神経疾患(筋炎、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)
3. 感染性疾患(脳炎、髄膜炎など)
4. 血管障害(脳梗塞、脳出血など)
5. その他(筋ジストロフィー、てんかん、ミトコンドリア病など)

【治療方法】
1. 免疫性神経疾患に関する免疫抑制療法(ステロイド、免疫抑制剤、免疫グロブリン大量療法など)
2. 脳血管障害に関する薬物治療・リハビリテーション
3. パーキンソン病に対する薬物療法
4. パーキンソン病に対する深部脳刺激療法(DBS)
5. てんかんに対する薬物療法
6. 片頭痛に対する薬物療法
7. 酵素補充療法

【検査方法】
1. 電気生理学的検査(含 磁気刺激検査)
2. 筋生検、末梢神経生検
3. 遺伝学的検査
4. CT、MRI、SPECT、PET
5. 免疫性神経疾患の自己抗体測定

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院患者数(平成24年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成24年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成24年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成24年度)

学会の指導医数、認定医数(平成25年11月1日現在)

研修内容

初期研修(卒後1、2年目)
当科では、神経内科専門医を養成する目的で神経内科固有床を有し、一方、総合内科床においても当科の医師を1名配属し、コンサルトチームとともに研修医の指導にあたっております。神経内科固有床ではバラエティにとんだ神経疾患の研修を行うことが可能であり、研修医1名に対し指導医が1名配属され、神経所見のとり方から、丁寧に指導を行っております。総合内科床では、脳血管障害の他、内科疾患に伴う神経疾患を中心に研修することが可能です。

専門医養成研修(卒後3~5、6年)
卒後2年間の内科系研修の後に神経内科学教室に所属し、神経内科専門医としての研修が開始されます。東大病院以外で初期研修をされた方の入局も受け入れております。卒後3年目、4年目は、東大病院の病棟で入院患者の担当医を務める他、、神経生理(3ヶ月)、神経病理(3ヶ月、神経・筋疾患の病理及び中枢病理を含みます)の研修プログラム(病棟勤務を離れて研修に専念します)を通して専門医として必要な知識と経験を得ることが出来ます。病棟勤務では、神経内科固有床において受け持ち医となり、病棟指導医から指導をうけます。また、当科のコンサルトチームの一員にもなり、多岐にわたる他科からのコンサルト症例について適切な神経内科診療を提供するプロセスを学びます。さらに、卒後3-4年目において、3ヶ月程度の期間、総合内科の一員として内科全般の知識と経験を深めるとともに、神経内科診療を含めて研修医の指導も行い、研鑽を積みます。卒後3-5年目は関連病院での勤務により、急性期あるいは慢性期の多数の神経・筋疾患を経験することが可能です。卒後6年目以降は大学病院に戻って、指導医となり神経内科専門医のための研修の仕上げを行います。日本神経学会専門医試験は卒後6年以上で受験可能で、当科においては受験した殆どの医師が合格しています。大学院には、卒後5年目以降に入学することを基本としていますが、入学の時期に関しては相談可能です。

その他

研究会
症例検討会、神経筋生検検討会、画像検討会、神経生理検査検討会

勉強会
抄読会(医局、各研究室)、神経放射線カンファ(他科と合同)

業績
内外の神経内科専門誌等に毎年40編内外発表。

教室年報
東京医学に年報として隔年掲載(英文)

リンク

受診・お見舞いトップに戻る