受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 精神神経科

前のページへ戻る

精神神経科

精神神経科 科長 笠井清登

 

精神神経科は脳を原因として生じる精神疾患や、ストレスなどの心理的原因によって生じる不調を対象としています。代表的な精神神経科の疾患は、統合失調症などの精神病性障害、躁うつ病・うつ病などの気分障害、不安障害・パニック障害などの神経症性障害、認知症などの老年期精神障害/器質性精神障害、自閉症スペクトラム障害・注意欠如多動性障害などの発達障害、てんかん、などです。

的確な診断と合理的な薬物療法に、精神療法、リハビリテーション(作業療法・デイケア)、ソーシャルワーク(生活上の困難に関する相談や地域資源との連携)を組み合わせて、人がより良く生きることを支援します。

お知らせ

◆ 患者さんへ ◆
【外来診療】
● ご協力のお願い  
<電話予約>
初診の際には、必ず電話予約が必要になります。現在おかかりの主治医の先生とよくご相談の上、精神科外来にお電話ください。初診時には紹介状が必要になります。
※初診予約窓口: 03-5800-8630(予約センター)から、番号「5」(精神神経科の予約、確認、変更、取消)を選択してください。
(こころの発達診療部に関しては、こころの発達診療部予約専用ダイヤル03-5800-9650 までご連絡ください)
<病診連携のご協力>
当院は地域の医療機関との病診連携をしています。当院の診療機能は、病気の診断を確定して治療方針を立てることです。よって、治療方針が立ち、継続的な通院治療を要する場合は、地域の医療機関をご紹介させていただきます。また、初診の結果によって、地域の医療機関・より専門的な医療機関をご紹介させていただくこともありますので、ご了承ください。地域の医療機関におかかりになり、再度、検査・入院などが必要な場合には、速やかに対応させていただきます。
<教育へのご協力>
大学病院は、教育機能を担っているため、初診の前に、医学生・心理学生・研修医などが予診をさせていただくことがあります。
ご理解・ご協力をお願いいたします。

【入院診療】
入院治療は、保護室を含む閉鎖病棟と開放病棟の合計54床で行っております。
現在おかかりの主治医とご相談のうえ、まずは当科に初診でおかかりください。
※初診予約窓口: 03-5800-8630(予約センター)から、番号「5」(精神神経科の予約、確認、変更、取消)を選択してください。

お急ぎの場合は、かかりつけの医療機関(もしくは保健所や精神保健福祉センター等の公的機関)から03-3815-5411(代表番号)の「精神科ソーシャルワーカー」宛にお電話ください。
 ≫ 入院依頼の方法


【当科で診療を受けられた患者さんへ】
  研究協力のお願い [PDF: 144KB]

◆ 医療機関の先生方へ ◆
入院が必要な患者さんのご紹介の場合、外来予約の前に精神科ソーシャルワーカー宛にお電話ください。
※ 代表電話 03-3815-5411 にて「精神科ソーシャルワーカー」で繋がります。
※ 詳細は「入院病棟概要」をご覧ください。 ≫ 入院病棟概要

概要

診療体制
主な初診医とその専門領域は以下の通りです。(平成28年4月1日現在)
その他、非常勤講師の医師に、主として学生実習(ポリクリ)のための初診をお願いしております。

教授
笠井清登  専門:臨床精神医学(統合失調症など)

准教授
金生由紀子 専門:児童精神医学全般
垣内千尋  専門:臨床精神医学全般

講師
神出誠一郎 専門:臨床精神医学全般

特任講師(病院)
市橋香代  専門:臨床精神医学全般
近藤伸介  専門:臨床精神医学全般

助教
多田真理子 専門:臨床精神医学全般
里村嘉弘  専門:臨床精神医学全般
西村文親  専門:臨床精神医学全般
和田明   専門:臨床精神医学全般
谷口豪   専門:臨床精神医学(てんかんなど)
安藤友子  専門:児童精神医学全般
切原賢治  専門:臨床精神医学全般
滝沢龍   専門:臨床精神医学全般
岡村毅   専門:臨床精神医学(認知症、社会精神医学など)
藤川慎也  専門:臨床精神医学全般
江里口陽介 専門:児童精神医学全般
石井礼花  専門:児童精神医学全般

治療方針
当科では、ICD-10(国際診断基準)に基づいた診断を使用し、POS(problem oriented system)に基づく治療が推奨されています。治療方針は担当医師の判断に任されていますが、基本的に薬による治療が中心であり、補助的に無けいれんECT、作業療法、デイホスピタル、ソーシャルワークを行っています。
デイホスピタル(DH)ホームページ

得意分野
・ 統合失調症への早期介入
  こころの調子を崩していると感じている思春期・青年期の方(こころのリスク外来)
   こころのリスク外来ホームページ
・ 気分障害におけるクリニカルトライアル
・ 無けいれん電気けいれん療法
・ てんかん
・ コンサルテーション・リエゾン

対象疾患

・ 統合失調症などの精神病性障害
・ 躁うつ病・うつ病などの気分障害
・ 不安障害・パニック障害などの神経症性障害
・ 認知症などの老年期精神障害/器質性精神障害
・ 発達障害
・ てんかん

外来担当一覧

先進・特殊医療

デイホスピタル(DH)(精神科デイケア)
主に統合失調症を対象にした早期社会復帰プログラムを行っています。
デイホスピタル(DH)ホームページ

精神科作業療法
入院患者及び外来患者に行っており、さまざまなプログラムがあります。

小児発達療育相談
自閉症の患者さんに対する療育相談・心理テストを行っています。

無けいれん電気けいれん療法
難治性のうつ病に対して行っています。

光トポグラフィー(近赤外線スペクトロスコピー:NIRS)検査
光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助」として精神医療分野で初めての先進医療に承認されています。
当院では「こころの検査プログラム」で行っています。
こころの検査プログラムホームページ

主な検査と説明

・ 必要に応じて心理検査(WAIS-R、ロールシャッハテストなど)を行っています。
・ 脳画像診断のためにCT、MRI、脳血流シンチグラフィー(SPECT)、脳波検査、
 光トポグラフィー(近赤外線スペクトロスコピー)などを行うことがあります。

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法

【疾患】
1. 統合失調症などの精神病性障害
2. 躁うつ病・うつ病などの気分障害
3. 不安障害・パニック障害などの神経症性障害
4. 認知症などの老年期精神障害/器質性精神障害
5. 発達障害
6. てんかん

【治療方法】
1. 合理的な薬物療法
2. 多職種連携による心理社会的支援
3. 無けいれん電気けいれん療法
4. コンサルテーション・リエゾン

【検査方法】
1. 心理検査(WAIS、ロールシャッハテストなど)
2. CT、MRI、SPECT、脳波検査
3. 光トポグラフィ―(近赤外線スペクトロスコピー)
4. 光トポグラフィーを中心としたこころの検査入院
5. 各種神経心理学検査等による発達障害検査入院
6. ビデオ脳波モニタリングを用いたてんかん検査入院

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院患者数(平成26年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成26年度)

診療科で行った主な検査・特殊な検査の件数(平成27年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成27年度)

学会の指導医数、専門医数、認定医数(平成26年10月1日現在)

リンク

受診・お見舞いトップに戻る
てんかんセンター