受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 光学医療診療部

前のページへ戻る

光学医療診療部

光学医療診療部 部長 藤城光弘

 

光学医療診療部は、内視鏡による検査と治療を行う中央検査部門です。上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、超音波内視鏡検査、カプセル内視鏡検査、気管支鏡検査、耳鼻咽喉科検査、婦人科検査や、それぞれの臓器における内視鏡治療等、多数の検査・治療が毎日行われています。また、他部門で使用された内視鏡の洗浄も引き受けています。

組織紹介

部長: 藤城 光弘
助教: 吉田 俊太郎
特任臨床医: 松田 梨恵、成田 明子

概要

東京大学医学部附属病院の内視鏡検査の歴史は古く、昭和30年代はじめから行われています。かつては、各診療科独自の検査室で内視鏡検査・治療が行われていましたが、平成8年4月、院内措置として内視鏡診療部が設置され、すべての内視鏡検査・治療が中央化しました。翌平成9年4月、光学医療診療部が正式に独立した検査部門となりました。平成18年10月に現在の新しい中央診療棟2の1階に移転しました。

検査・治療
月曜から金曜まで毎日、上部内視鏡検査、下部内視鏡検査をはじめ、多数の検査が行われています。近年は検査のみならず、内視鏡治療を積極的に行っており、食道、胃、大腸の腫瘍切除術(ポリペクトミー、EMR、ESD、等)、消化管出血に対する内視鏡的止血術、胃ろう造設術などの治療内視鏡の割合が急速に増加しています。なお、胆膵の内視鏡検査・治療、シングルバルーン、ダブルバルーン内視鏡検査・治療、イレウス管挿入術等、気管支鏡検査以外のX線撮影が必要な検査・治療は放射線部で主に行われています。

診療実績

消化器内科専門医である光学医療診療部所属の医師も内視鏡検査・治療を行いますが、それ以外に、消化器内科、胃食道外科、大腸肛門外科、肝胆膵外科、呼吸器内科、胸部外科、耳鼻咽喉科、女性外科、検診部等に所属する、様々な医師が専門の立場から検査・治療を担当します。

内視鏡検査数
  内視鏡検査数はこちら

洗浄業務
内視鏡検査・治療で用いる内視鏡は、検査終了ごとに手洗いによる前洗浄、鉗子口のブラッシング、機械洗浄・高度消毒を行っております。東大病院の内視鏡検査・治療では、現状で分かり得る患者患者間の感染の心配はありません。 光学医療診療部では、外来、手術室、放射線科等、他部門で使用される内視鏡の洗浄消毒も行っており、平成24年度は8,816件の他部門で使用された内視鏡の洗浄消毒を行いました。また、光学医療診療部所属の洗浄員は、ICUや耳鼻咽喉科病棟にある内視鏡洗浄消毒装置のメインテナンスも行っています。

内視鏡検査を受けるには

内視鏡は、総合的な診療もしくは検診の中の一つの検査です。検査の必要性は各診療科の担当医師が判断しております。特定の診療科への照会がない場合は消化器内科を受診して担当医師とご相談ください。光学医療診療部の医師も消化器内科外来を担当しております。(患者さんから直接光学医療診療部への検査申し込みはお受けしておりません。)

臨床研究

光学医療診療部の外来検査あるいは入院検査治療を受けられた患者さんへ
「光学医療診療部診療記録を利用したデータベースの包括的後ろ向き解析」研究への協力のお願い

 光学医療診療部では、内視鏡を用いて様々な疾患の診断と治療を行っております。内視鏡検査・治療に関わる疾患は、消化器疾患をはじめ、呼吸器疾患、耳鼻咽喉科疾患、婦人科疾患など多岐にわたっております。内視鏡分野の進歩は目覚ましく、世界的に標準化された診断基準が存在している疾患もありますが、診断基準が不明確な疾患も依然として存在しており、それらの疾患に対する治療方針、予後予測は未だに不十分です。光学医療診療部が扱っている疾患の内視鏡診断や併存疾患との関連、リスク因子の同定・評価、あるいは内視鏡治療の安全性や有効性、短期・長期予後などを評価し、学術的構築を行うことを目的としています。

 このような問題を解決するためには、前向き研究(研究目的を決定した後、患者さんをいくつかの群に振り分けさせていただき、その経過を追わせていただく研究)が重要ですが、その基盤として後ろ向き研究(今までの臨床データを解析して、治療成績や患者さんの自然経過を見させていただく研究)が非常に重要です。
それゆえ、当部では、東大病院光学医療診療部にて内視鏡検査・治療を受けられた患者さんの以前のデータを解析いたします。対象となるデータは、診療録(問診や診察所見など)、投薬内容、疾患名、内視鏡所見、病理所見、検査結果(血液検査、尿検査、便検査など)、生理検査(心電図、呼吸機能検査など)、放射線検査(一般X線検査やCT検査、MRI検査、核医学検査など)、各種臨床評価指標、など、日常診療において行われているデータです。
 この研究は、過去の診療記録を用いて行われますので、該当する方の現在・未来の診療内容には全く影響を与えませんし、不利益を受けることもありません。解析にあたっては、個人情報は匿名化させていただき、その保護には十分配慮いたします。当然ながら、学会や論文などによる結果発表に際しては、個人の特定が可能な情報はすべて削除されます。
 この研究に関して不明な点がある場合、あるいはデータの利用に同意されない場合には、以下にご連絡頂きたいと思います。なお、本研究は、当院の倫理委員会の承認を得ております。また、この研究への参加をお断りになった場合にも、将来にわたって当科における診療・治療において不利益をこうむることはありませんので、ご安心下さい。

調査する診療記録・検査記録の一覧                          
カルテに記載された内容(既往歴、家族歴、現病歴、生活歴、身体所見、症状)、内服薬剤、栄養指導記録、一般的な予後・転帰・偶発症、血液検査(血算、生化学、血糖関連、凝固、内分泌学的検査)、尿検査、便検査、12誘導心電図検査、X線検査、CT検査、MRI検査、核医学検査、内視鏡検査、病理所見
対象疾患名 一覧                                   
消化器疾患、呼吸器疾患、耳鼻咽喉科疾患、婦人科疾患

上記に加え、倫理委員会もしくは治験審査委員会で承認された内容について、現在、光学医療診療部の医師が治験責任医師として行っている臨床研究は以下の通りです。 問合せ先:光学医療診療部受付


受付番号:2215-(1) 
「食道腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の安全性および有効性の検討」
対象者:食道腫瘍に対するESDをお受けになった方

受付番号:2250-(1) 
「早期胃癌・胃腺腫に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection:ESD)の安全性および有効性についての遡及的研究」
対象者:胃腫瘍に対するESDをお受けになった方

受付番号:2251-(1) 
「高齢者(80歳以上)における定期的な下部内視鏡検査の妥当性」
対象者:下部内視鏡検査をお受けになった80歳以上の方

受付番号:2270-(1) 
「胃粘膜DNAメチル化レベルを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)施行後の異時性多発胃がん発生予測に関する前向き研究」
対象者:早期胃がんに対してESDをお受けになる、もしくは、なった方で、本試験について説明の上、同意の得られた方

受付番号:2427-(2)
「大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection:ESD)の安全性および有効性についての研究」
対象者:大腸腫瘍に対するESDをお受けになった方

受付番号:2564-(2) 
「消化管内視鏡検査における抗血小板薬・抗凝固薬の扱いについての現状調査」
対象者:消化管内視鏡検査をお受けになる方

受付番号:2648 
「Twin modeを用いた消化管腫瘍に対する内視鏡画像診断能の評価」
対象者:消化管腫瘍をお持ちの方で、本試験について説明の上、同意の得られた方

受付番号:3000 
「Web登録システムを用いた早期胃がん内視鏡切除症例の前向きコホート研究」
対象者:早期胃がんに対してESDをお受けになる方で、本試験について説明の上、同意の得られた方

受付番号:3195 
「出血性消化性潰瘍内視鏡治療後の予後予測モデルの国際多施設共同研究」
対象者:出血性消化性潰瘍の方で、本試験について説明の上、同意を得られた方

受付番号:3198-(1) 
「超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引生検における組織診断能に関する探索的臨床研究」
対象者:FNAを受けた方で、本試験について説明の上、同意を得られた方

受付番号:3214-(1) 
「先進医療として施行された大腸ESDの有効性と安全性に関する多施設共同研究(前向きコホート研究)」
対象者:大腸EDSを受けた方で、本試験について説明の上、同意を得られた方

受付番号:3661 
「光学医療診療記録を利用したデータベースの包括的後ろ向き解析」
対象者:内視鏡検査を受けた方

受付番号:3844-(3) 
血栓塞栓症の高リスク症例におけるアスピリン単剤継続下の出血高危険度の消化管内視鏡的手技の安全性の検討

受付番号:10186 
内視鏡的粘膜下層剥離術後の創をポリグリコール酸シートで被覆する創保護法の安全性・有用性の検証

受付番号:10868
食道胃接合部腺癌および食道腺癌におけるリンパ節および臓器転移の危険因子に関する検討

受付番号:11039
消化管腫瘍性病変病理学的評価における組織透明化技術の応用

受付番号:11352
日本人におけるバレット食道癌の危険因子に関する多施設共同研究に関するお知らせ  こちらをクリック

受診・お見舞いトップに戻る