受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 地域医療連携部

前のページへ戻る

地域医療連携部

地域医療連携部 部長 笠井清登

 

地域医療連携部は地域医療機関との連携を図り、地域医療機関からご紹介いただいた患者さんの外来受診を支援しています。また、本院入院患者さんの自宅への退院や地域医療機関への転院を支援しています。

平成9年4月、退院支援専門部署として「医療社会福祉部」が院内措置で設置され、平成12年4月、全国国立大学で初めて正式に認可されました。退院支援の業務に加え、平成17年4月、紹介患者さんの外来受診の支援を開始し、部署の名称を「地域医療連携部」に改めました。

概要

受診支援(紹介・前方連携)
地域医療機関から紹介された患者さんの外来受診を支援しています。受診予約、受診手続、資料作成・送付、返書などの諸手続を行っています。現在、地域医療連携部の専用枠「地域連携枠」のほか、専門外来枠、医師個人枠の受付を行っています。

退院支援(逆紹介・後方連携)
退院が困難な入院患者さんの地域への円滑な移行を支援しています。医療依存度の高い重症、難病の患者さんが多く、在宅では往診医や訪問看護の調整、転院では一般床への支援が増えています。

在宅療養支援(在宅支援外来)
外来に通院している患者さんの在宅療養を支援するために、平成15年1月より在宅支援外来を開設しています。在宅サービスの導入や調整、また、在宅が困難になった際の入院先や入所先を紹介しています。

ソーシャルワーカー相談(療養相談)
ソーシャルワーカーによる相談窓口を平成24年より開設しました。主に療養の相談に対応しています。

実績
部署の設置以降の退院支援患者数は年々増加し、平成26年4月現在10,000名を超え、およそ半数が在宅退院、半数が転院または施設入所でした。受診支援患者数は、平成26年4月現在、18,000名を超えました。

組織紹介

スタッフ
医師           4名(専任2名、兼任2名)
看護師          6名(専任5名、兼任1名)
ソーシャルワーカー    4名(専任)
事務           3名(専任)

沿革
平成7年12月   「在宅診療についての検討委員会」
平成8年10月   「医療社会福祉部(仮称)準備委員会」
平成9年4月   「医療社会福祉部」設置 (退院支援部署として院内措置)
平成12年4月   「医療社会福祉部」設置(全国国立大学で初めて正式認可)
平成17年4月   「地域医療連携部」に改組(紹介患者の受診支援開始)

受診・お見舞いトップに戻る