受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 感染症内科

前のページへ戻る

感染症内科

感染症内科 科長 森屋恭爾

 

感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。

お知らせ

午後に感染症内科の外来枠の設定がない曜日がありますので、御注意下さい。

概要

診療体制
入院患者は、HIV感染症・AIDS、ウイルス肝炎(B型・C型肝炎)をはじめ、呼吸器感染症・肺炎、尿路感染症・腎盂腎炎など多岐にわたります。また、不明熱として入院される患者さんもおられます。さらに日本では稀な寄生虫疾患・輸入感染症の患者さんも入院されます。病棟では、豊富な知識と経験を有する指導医と研修医が共同で主治医をつとめ、感染症の診療に豊富な経験を持つ看護師と共に診療に当たっています。

治療方針
十分な問診、診察をした後、各種血液検査や胸部X線検査、さらに血液,喀痰、尿などを用いた微生物検査や抗原・抗体検査を行います。また必要があれば、他科と共同で、心エコー、腹部エコー、CT検査や気管支鏡検査、リンパ節生検などをおこない、正確に病気の診断および病原微生物の同定を行います。治療にあたってはエビデンスに基づいた的確な治療を行うよう心掛けています。

得意分野
ウイルス肝炎、HIV感染症をはじめとしたウイルス性疾患とともに、細菌などのその他微生物疾患にも豊富な経験を有しています。また、感染症以外でも発熱を主な症状とする疾患に対して対応できる知識と経験を有しています。

その他
外来担当一覧が新しくなりました。

対象疾患

感染症内科では、ウイルス、細菌などをはじめとする、すべての病原微生物に起因する感染症を対象としています。また内科領域を中心とした、すべての臓器にまたがる感染症を対象としています。HIV感染症、ウイルス肝炎の専門家がいます。

具体例
HIV感染症、ウイルス肝炎(C型肝炎、B型肝炎など)、肺外結核症、感染性心内膜炎、肺炎・気管支炎などの呼吸器感染症、尿路感染症、肝膿瘍などの肝・胆道系感染症、消化器感染症、diabetic foot、伝染性単核球症、輸入感染症、寄生虫感染症、不明熱など。

外来担当一覧

先進・特殊医療

エイズ診療拠点病院
HIV感染症・エイズの専門家がおり、それらの最先端の治療を行うことができる病院として、国から認定されています。

主な検査と説明

外来
・ 微生物検査
・ 抗原・抗体検査
・ ウイルス核酸検査
・ 胸部X線検査・腹部エコー検査などの画像検査

入院
・ 腹部エコー検査
・ CT検査
・ 気管支鏡検査

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. HIV感染症
2. ウイルス肝炎
3. 薬剤耐性菌を含む細菌感染症
4. 肺外結核
5. 渡航関連感染症
6. 寄生虫疾患
7. 性感染症
8. 他疾患に伴う感染性疾患
9. 不明熱

【治療方法】
1. HIV感染症に対する抗レトロウイルス療法
2. ウイルス肝炎に対する新規抗ウイルス療法
3. 日和見感染症に対する治療
4. 寄生虫や性感染症などへの抗微生物薬による治療
5. 感染症コンサルトチームによる対応

【検査方法】
1. 微生物検査
2. 抗原・抗体検査
3. ウイルス核酸検査
4. 胸部X線検査
5. 腹部エコー検査
6. CT検査

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と入院患者数(平成28年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、認定医数(平成29年8月現在)

研修内容

研修医1-2年目
スーパーローテーションの一環として内科診療科の研修をします。感染症内科は2年目研修医のみが2か月単位で選択可能な科となっていますが、各科ローテーション中に感染症内科にコンサルテーションがあった症例を通して、指導や教育を受けることができます。

特定の臓器に片寄ることなく、『頭の先からつま先まで体全体を診る』ことをモットーに、教育熱心な病棟指導医のもとで研修指導をしています。

指導体制はきわめて充実しており、日本の内科、感染症科専門医を有する指導医のみでなく、米国の内科、感染症科専門医を有する指導医がおり、毎年研修医のアンケート調査でも高い評価を得ています。

入局後は専門研修プログラムに沿った大学病院ならびに関連病院で研修を行います。当院では年間1000件を超える感染症科へのコンサルテーションがあり、さらに移植医療も行われていることから幅広い感染症を経験することができます。

感染制御部および微生物検査室と密な連携があるため、感染症診療のみでなく感染対策、臨床微生物についても学ぶことが可能です。

その他

感染症内科カンファランス
毎週1回感染症内科入院症例を中心としたカンファランスを行っています。本カンファランスでは、他科の症例も積極的に討論されおり、感染症の専門的な立場からのアドバイスを行っています。

科長回診
毎週1回科長回診を行っています。

勉強会
抄読会や症例検討会を積極的に行っています。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る