受診・お見舞い

放射線科

放射線科 科長 阿部 修

放射線科は、放射線診断部門・核医学部門・放射線治療部門の三つに大きく分かれています。
放射線診断部門では、各種画像検査(CT・MRI・血管造影など)の実施および画像診断(報告書作成を含む)を行っています。この他、インターベンショナルラジオロジー(いわゆるカテーテル治療)の手技を用いて、様々な腫瘍や血管病変の治療を行っています。
核医学部門では、放射性同位元素(RI)を用いたシンチグラフィ検査の実施および画像診断を行っています。シンチグラフィ検査は、患者さんに投与したRIを追跡して画像化し、病気の検出・診断を行うものです。この他、CTのように体の断面を見ることのできるSPECT・PET検査も行っています。
放射線治療部門では、癌などの病気に対して放射線を用いた治療を行っています。放射線による治療は、肉体的負担が少なく、形態と機能を温存できるという利点があり、病気の種類や進行度によっては、放射線のみであるいは抗癌剤と組み合わせて癌を治すことも十分可能になってきています。

お知らせ

現在、放射線診断・核医学部門では、患者さんからの直接の検査依頼をお受けしておりません。症状・病気に応じた適切な診療科を受診いただいてから、検査をお受けすることになりますので、ご了承下さい。

放射線治療を目的とした初診は予約制になっております。放射線科深部治療外来(電話 03-5800-8667ダイヤルイン、受付時間 9:00ー15:00)で御予約ください。セカンドオピニオンを目的とした御相談も承っております。初診の際にはできるだけ紹介状をお持ち下さい。

【医療機関の方々へ】
御紹介にあたっては、診療情報提供書(紹介状)をいただければ幸甚に存じます。原則として、病理情報、画像情報も御教示ください。放射線治療目的の入院も可能ですので御相談ください。

概要

診療体制
以下のスタッフおよび研修医・大学院生などで,各部門の臨床業務ならびに研究・教育を行っています。

[教授]
阿部 修
[准教授]
百瀬 敏光/中川 恵一/國松 聡
[講師]
森 墾/佐藤 次郎/高尾 英正/山下 英臣
[特任講師]
高橋 美和子/渡谷 岳行
[助教]
花岡 昇平/雨宮 史織/大熊 加恵/古田 寿宏/五ノ井 渉/古山 桂太郎/桂 正樹/芳賀 昭弘/神谷 昴平/高橋 渉

次のような症状をお持ちの方が対象
放射線診断部門・核医学部門は、特定の症状にはよらず、画像検査を必要とする全身の様々な病気が対象となります。
放射線治療部門は、特定の症状ではなく症状を引き起こす病気の種類によって治療の適否が異なります。したがって、病気を正確に診断した後に、治療の適応・方法を検討することになります。

治療方針
いずれの部門も、様々な臓器・病気を対象としており、各診療科との連携のもとで診療を行っています。
主に画像検査を行う放射線診断部門・核医学部門では、患者さんの病気に応じた最適な検査を行うように心がけています。多様化した画像検査の中で、それぞれの検査の特性を生かした精度の高い画像診断を行っています。また、装置の進歩によって増大しつつある画像情報を効率よく管理するために、画像の電子化(PACS)にも取り組んでいます。
放射線治療部門では、癌診療のさまざまな段階で放射線治療が大いに貢献できるように心がけています。技術面では、放射線治療における線量分布の最適化等の物理工学的研究を従来から行っており、また癌病巣をピンポイントに照射する方法にも早くから取り組んできました。入院ベッドを15床有しており、このなかには、甲状腺疾患のアイソトープ治療や前立腺癌の永久挿入小線源治療で用いる放射線治療病室2床も含まれています。末期癌患者を対象とする緩和医療にも、緩和ケア診療部との深い連携のもと、積極的に取り組んでいます。

得意分野
放射線診断部門では、肝腫瘍やびまん性肝疾患の診断、肺腫瘍のCT診断、胃癌や大腸癌の深達度診断、新しい撮像法を用いたMRIによる脳機能の評価、高解像度の画像を用いた三次元処理などに重点をおいています。また、インターベンショナルラジオロジーとしては、肝癌の塞栓化学療法をはじめとして、動注化学療法のためのリザーバー留置、動脈瘤や血管奇形の塞栓術、血管形成術、下大静脈フィルター留置などを行っています。
核医学部門では、PETを用いた悪性腫瘍の診断、脳機能の評価、SPECTによるアルツハイマー病などの認知症の診断などに力を入れています。また、β線やα線を放出する非密封放射性同位元素をもちいた内用療法も多くの診療科と連携してすすめています。
放射線治療部門では、頭部・体幹部の定位放射線照射(脳転移や肺癌など)、悪性脳腫瘍での大線量照射、甲状腺癌の放射性ヨード内用療法、食道癌や子宮頸癌では同時併用化学放射線療法により、また胃悪性リンパ腫や前立腺癌では放射線治療単独での非切除根治治療、乳癌での乳房温存療法、肝臓癌の門脈内腫瘍塞栓に対する照射、直腸癌における術前化学放射線療法、早期前立腺癌での永久挿入小線源治療などに重点をおいています。

対象疾患

放射線診断部門・核医学部門は、画像検査を必要とする全身の様々な疾患が対象となります。放射線治療部門は、多くの悪性腫瘍の他に、良性疾患(良性脳腫瘍・脳動静脈奇形など)も対象としています。

外来担当一覧

先進・特殊医療

マルチスライスCTを用いた画像処理
高速かつ高解像度の画像を撮影可能なCT装置を備えており、3D画像作成などの画像処理を行っています。科内に画像情報処理・解析研究室を設立しており、臨床診療への対応および基礎研究を行っています。

造影MR angiography(MRA)
主に頭頚部領域の一部の疾患を対象として、造影剤を用いたMRAを行っており、高解像度あるいは高時間分解能の血管の画像を得ることができます。非侵襲的に、血管解剖あるいは血流動態を把握可能です。

PET
様々なトレーサーを用いて、悪性腫瘍の検出および悪性度・進行度の評価、脳神経疾患の評価、脳血流の定量測定などを行っています。また、新しいトレーサーの開発研究も行っています。

頭部への定位放射線照射
頭蓋内疾患に対し、1mm以内という高い位置精度で、放射線を正確に照射する技術であり、ガンマナイフおよびわが国に数台しかないC-arm型ライナックを用いて行っています。平成18年度中に定位照射対応の新しいライナックも導入される予定です。転移性脳腫瘍、脳動静脈奇形、良性脳腫瘍(聴神経鞘腫、髄膜腫等)などが対象となります。

体幹部への定位放射線照射
胸部や腹部の疾患に対し、5mm以内という高い位置精度で、放射線を正確に照射する技術です。肺腫瘍(原発性または転移性)や肝腫瘍(原発性または転移性)が代表的な対象疾患です。原発性肺癌については、全国の複数の施設で共同して、多数のデータを集めています。

強度変調放射線治療
強度変調放射線治療は、1方向からのビーム内の放射線強度を不均等にすることで、腫瘍への放射線の集中性を高め、かつ周囲の正常組織の線量を減らす技術です。厚生労働省の先進医療として認められています。当科では前立腺癌・頭頸部腫瘍を中心に行っています。

甲状腺癌の放射性ヨード内用療法
分化型甲状腺癌(乳頭癌、濾胞癌)のうち再発症例を中心に、甲状腺癌がヨードを取り込む性質を利用して、放射性ヨードカプセルを内服する治療法です。原則として5日間放射線治療病室に入院していただきます。

主な検査と説明

外来
・ CT
・ MRI
・ 核医学検査(シンチグラフィ・SPECT・PET)

入院
・ 血管撮影

診療実績

核医学部門: 現在、放射線科核医学部門で重点的に診療を行っている疾患、検査方法
【疾患】
1. 悪性腫瘍
 (脳腫瘍、肺癌、乳癌、大腸癌、頭頚部癌、膵癌、悪性リンパ腫、転移性肝癌、
 悪性黒色腫など)
2. 脳血管障害、認知症、神経変性疾患、てんかん、精神疾患
3. 虚血性心疾患、心筋症

【検査方法】
1. PET検査
2. SPECT検査
3. ガンマカメラによる全身・局所・動態撮像

核医学部門: その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

放射線科核医学部門で行った主な検査件数(平成27年度)

診断部門: 現在、放射線科診断部門で重点的に診療を行っている疾患、検査方法
【疾患】
1. 全身の腫瘍性病変、血管性病変
 (特に中枢神経領域、呼吸器領域、消化器領域、泌尿・生殖器領域)
2. 躯幹部の炎症性病変、感染性疾患

【検査方法】
1. X線CT
2. MRI
3. 血管造影
4. 各種Interventional Radiology (IVR)
5. 各種3D画像データ処理並びに新たなソフト開発

診断部門: その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

放射線科診断部門で行った主な検査の件数(平成27年度)

放射線科診断部門で行った主なIVRの件数(平成27年度)

治療部門: 現在、放射線科治療部門で重点的に診療を行っている疾患、治療方法
【疾患】
1. 悪性腫瘍一般
 (悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍、頭頚部がん、甲状腺がん、食道がん、乳がん、
 肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、直腸がん、子宮がん、膀胱がん、
 前立腺がん、白血病、悪性リンパ腫、各種悪性肉腫、小児がん一般、など)
2. 良性脳腫瘍(髄膜腫、聴神経鞘腫、下垂体腺腫など)
3. 脳血管奇形(動静脈奇形(AVM)など)
4. 一部の良性疾患(ケロイド、翼状片など)

【治療方法】
1. ライナック体外照射
2. ガンマナイフ治療
3. ライナック定位放射線照射(脳、体幹部)
4. 強度変調放射線治療
5. 小線源治療(子宮頚がん、前立腺がんなど)
6. 化学放射線療法
7. 術中照射

治療部門: その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

放射線科治療部門で行った主な処置の件数(平成27年度)

放射線科治療部門の月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、認定医数(平成28年7月1日現在)

研修内容

研修医の1年目
放射線診断学部門・核医学部門・放射線治療学部門をローテートし、臨床放射線医学全般にわたり基礎研修を行います。最新のMRI・マルチスライスCT・PET・C-arm型ライナック・ガンマナイフ・インターベンショナルラジオロジーなど、最先端の放射線診療が経験できます。病棟も稼働しており、放射線治療患者における病棟管理の基本的事項も学びます。また、希望があれば緩和ケアについて学ぶことも可能です。

研修医の2年目など
2年目以降は、原則的に関連病院で研修することになります。研修先は、専門医修練機関・専門医修練協力機関を中心に整備されています。また、研修終了後は全員の専門医取得を目指しています。

その他

研究会/勉強会
・ 各部門内のカンファランス・抄読会の他、関連診療科との合同カンファランスを定期的に行っています。
・ 画像診断部門・放射線治療部門ともに、東大病院CancerBoardの全ての領域に関わっています。

教室年報
教室年報は6月に年1回発行。

研究業績
当教室のホームページ(http://www.ut-radiology.umin.jp/)を御参照下さい。
放射線科ホームページ http://www.ut-radiology.umin.jp/

リンク

受診・お見舞いトップに戻る
 てんかんセンター