HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > こころの発達診療部

前のページへ戻る

こころの発達診療部

こころの発達診療部 部長 金生由紀子

こころの発達診療部では、自閉症スペクトラム障害(自閉症やアスペルガー症候群)、注意欠如多動性障害、チック障害など、さまざまな発達障害をもつ方々の診療を行っています。複数の児童精神科医と心理士が診療に当たっています。全てのスタッフが、発達障害臨床について豊富な経験があります。また、院内の「こころの発達」に関するコンサルトに適宜対応しています。

◆ 患者さんへ

【外来診療】


● ご協力のお願い
<電話予約>

初診の際には、必ず電話予約が必要になります。現在おかかりの主治医の先生とよくご相談の上、精神科外来にお電話ください。初診時には紹介状が必要になります。

※初診予約窓口: 03-5800-9650 よりご予約ください。

<病診連携のご協力>

当院は地域の医療機関との病診連携をしています。当院の診療機能は、病気の診断を確定して治療方針を立てることです。よって、治療方針が立ち、継続的な通院治療を要する場合は、地域の医療機関をご紹介させていただきます。また、初診の結果によって、地域の医療機関・より専門的な医療機関をご紹介させていただくこともありますので、ご了承ください。

<教育へのご協力>

大学病院は、教育機能を担っているため、初診の前に、医学生・研修医が予診をさせていただくことがあります。また、再来診療の際に、医学生・研修医が陪席させていただくことがあります。
ご理解・ご協力をお願いいたします。


【当部で診療を受けられた患者さんへ】

研究協力のお願い(カルテ調査研究について)[PDF: 76.0KB]

概要

診療体制
スタッフとその専門領域は以下の通りです。(平成27年12月現在)

准教授 金生由紀子 専門:児童精神医学 精神医学
特任講師(病院) 市橋香代 専門:児童精神医学 精神医学(精神神経科)
助教 川久保友紀 専門:臨床発達心理学
助教 石井礼花  専門:児童精神医学
助教 安藤友子  専門:児童精神医学 精神医学(精神神経科)
特任臨床医 柏原彩曜 専門:児童精神医学 精神医学
特任臨床医 加治正喬 専門:児童精神医学 精神医学
病院診療医 佐藤珠己 専門:児童精神医学 精神医学
非常勤医師 桑原斉  専門:児童精神医学 精神医学(バリアフリー支援室准教授)
非常勤医師 森栄美子 専門:児童精神医学 精神医学
非常勤医師 二村園恵 専門:児童精神医学 精神医学
非常勤医師 島田隆史 専門:児童精神医学 精神医学(学生相談ネットワーク本部助教)
臨床心理士 濱田純子
臨床心理士 江口聡
臨床心理士 松田なつみ
臨床発達心理士 石川菜津美 
精神保健福祉士・臨床心理士 小川知子 (医事課地域医療連携部)

治療方針
ご本人・ご家族からの問診及び心理検査を中心とする包括的な評価を行って、それに基づいた治療計画を策定します。また、地域の医療機関との病診連携を積極的に行っています。

得意分野
● 自閉症スペクトラム障害(自閉症及び近縁疾患)
知的に遅れのある場合から、近年注目されている高機能自閉症やアスペルガー症候群まで自閉症スペクトラム障害を幅広く担当しています。本院では自閉症の基礎的研究や治療教育の研究・実践の歴史があります。

● 注意欠如多動性障害
典型的な症状を呈する方々に加え、他の障害がオーバーラップしている方々の治療にも当たっています。また、ペアレントトレーニングも実施しており、新しい治療法への注意も常に払っています。

● チック障害
我が国のチック関連障害研究の第一人者が外来治療に当たっています。薬物療法や精神療法に加え、家族会の開催など複合的アプローチを展開しています。

対象疾患

広汎性発達障害、注意欠如多動性障害、チック関連障害、学習障害、精神発達遅滞、その他の発達障害。
小児の強迫性障害、気分障害(うつなど)、統合失調症、不安障害などの小児領域の機能性精神疾患。

先進・特殊医療

発達障害検査入院プログラム
自閉症診断面接法(ADI-R)および自閉症診断観察スケジュール(ADOS)に加え、複数の心理検査を組み合わせて、成人の発達障害(自閉症スペクトラムや注意欠如/多動性障害)の診断を行います。診断結果について、ご本人と家族にフィードバック致します。ご紹介医へもフィードバックいたします。入院期間はおおむね2週間程度(精神神経科開放病棟)です。担当医がプログラムの趣旨をご本人にご説明し、同意が得られ、プログラムの適応が確認された後、入院予約を致します。予約状況により、数ヶ月お待ち頂くことがあります。
詳細はこちらhttp://kokoro.umin.jp/clinic6.html

注意欠如/多動性障害(AD/HD)児に対するペアレントトレーニングプログラム
育てにくさをもった子どもの理解を深め、適切な褒め方、指示の出し方を、講義やロールプレイを通して学びます。また、小集団で実施することで、同じ悩みをもつ親たちと相互の分かち合い・支え合いの機会になることも期待しています。ペアレントトレーニングの効果検証研究として実施しておりますので、参加をご希望の方は、研究概要注意欠如/多動性障害(AD/HD)児に対するペアレントトレーニングプログラムの効果検証に向けた予備的検討を必ずご確認ください

治療教育
自閉症スペクトラム障害の幼児・学童を対象とした個別療育を行っています。

チック障害を対象とした認知行動療法
慢性運動性/音声チック障害、トゥレット障害の方を対象として包括的行動介入(Comprehensive Behavioral Intervention: CBIT)を実施しております。

主な検査と説明

・ 脳波検査
・ 脳画像検査(CT/MRI)
・ 知的機能検査(各種発達検査)
・ 特殊な認知機能検査(WCST、CPTなど)

リンク