受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > ぶどう膜外来

前のページへ戻る

ぶどう膜外来のご紹介

概要/各診療科紹介(患者さん向け)

お知らせ
● 医学部附属病院眼科は特殊な眼疾患や重い全身合併症のある方を主な診療対象としております。当科では重度の眼疾患の方に対して適切な診療を行うため、軽度の眼疾患の方で治癒、軽快、または適切な眼科診療により治療可能と思われる場合は、適切な医療機関をご紹介させていただいておりますのでご了承ください。

● 当科を初めて受診される方へ
これまで他の医療施設で治療を受けられている方は、必ず紹介状をご持参ください。
一般外来の診察は担当医制になっておりますのでご了承ください。

● 再来受診の予約変更について
一般外来の予約変更をご希望の方は東大病院予約センターへお電話ください。専門外来の予約変更をご希望の方は専門外来の診療日に眼科外来へお電話ください。検査予約(一般外来)の変更は担当医へご連絡ください。1年以上受診がない場合は初診扱いになりますのでご注意ください。

ぶどう膜専門外来とは
ぶどう膜専門外来は、眼の中に炎症を起こす病気(ぶどう膜炎)を主に扱う専門外来です。ぶどう膜炎には免疫の異常でおきるもの(内因性ぶどう膜炎)、感染によっておきるもの(感染性ぶどう膜炎)と血液腫瘍によるもの(眼内悪性リンパ腫)があります。ぶどう膜外来では、病気の原因を調べ、それぞれの患者さんに合った治療を行います。新しい薬の開発にも関わっており、いろいろな治療が選択可能です。患者さんに治療の選択枝をご説明し、ご希望に添った納得の行く治療をめざしております。

次のような症状をお持ちの方が対象
・ 視力が落ちた(霧の中で見ているようである)
・ ゴミが飛んでみえる(どんどん増えている)
・ 眼圧が高い
・ 視野が狭い(視野のある部分が見えにくい)
・ 視神経乳頭に異常があると言われたことがある
・ 色が違って見える
・ 夜暗い所で見づらい
・ 物がゆがんで見える
・ 黒目の位置が、外や内側あるいは上下にずれている。
・ 視線が定まらない。焦点が合ってないように感じる時がある。
・ 両目で見た時に、物が二つにだぶって見える。
・ 遠近感・立体感がとりにくい
・ 乳幼児・学童で、片目をつぶって見る・首を傾げて見る等、味方に極端な癖がある
・ 近視、遠視、乱視などの屈折異常で悩んでいる
・ 目やには増えていないのに、目が充血して痛みもある

当外来の主な検査と説明
● 視力検査
どこまで小さい物が見えるか調べます。

● 屈折検査
遠視・近視・乱視がどの程度あるかを調べます。

● 細隙灯顕微鏡検査
前眼部、中間透光体や眼底を拡大して状態を調べます。

● 眼圧検査
眼の圧力を測定します。

● 精密眼底検査
眼底を詳細に調べます。場合によっては圧迫することもあります。

● 眼位検査
斜視があるかないか、またある場合はどの程度ずれているかを調べます。

● 眼球運動検査
目の上下左右斜め各方向への動きと、両目のバランスを調べます。

● 視野検査
左右それぞれの目の見える範囲を測定します。

● 両眼視機能検査
両目をバランスよく使えているかどうかを調べます。

● 電気生理学的検査
目の奥に光をあてて、網膜の機能をみる検査です。

● 蛍光眼底造影
造影剤を用いて眼の奥の血管異常を検出する検査です。

● セル・フレアメーター
眼の前房というところの、炎症の程度を客観的に測定します。

● シクロスポリントラフレベル
シクロスポリン(サンディミュンRあるいはネオーラルR)という特殊なお薬を飲んでらっしゃる方の、血液 における薬物の濃度を測定します。

● 各種ウィルス・原虫・寄生虫抗体価
感染性のぶどう膜炎が疑われる場合、感染の原因となっているもの(通常とても微量)の抗体の量を、眼内液(前房水あるいは硝子体)の中の濃度として求めます。

● 各種ウィルス・細菌・真菌DNAのPCR検査
感染性のぶどう膜炎が疑われる場合、感染の原因となっているもの(通常とても微量)の遺伝子(DNA)を、眼内液(前房水あるいは硝子体)の中の濃度として求めます。

● 骨密度
副腎皮質ホルモンの副作用としての骨の変化を、モニターします。

受診・お見舞いトップに戻る