受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 救急科/救命救急センター・ER/集中治療部

前のページへ戻る

救急科/救命救急センター・ER/集中治療部

救急科 科長 森村尚登

 

救急科は、病気、けが、やけどや中毒などによる急病を診療科に関係なく診療し、特に重症な場合に救命救急処置、集中治療を行っている。また、病気やけがの種類、治療の経過に応じて、該当する診療科と連携して初期診療や集中治療に当たっている。さらに、術後や院内他診療科の重症患者に対する集中治療を該当する診療科と連携して行っている。また、院内急変対応や災害時の医療対応やその計画策定等、院内外の危機管理も担当している。

組織紹介

沿革
昭和38年救急部は独立した中央診療施設の一つとなった。平成3年以降は3次救急患者のみならず、各科に収容できない救急患者や院内重症患者の受け入れを行ってきた。その後特定機能病院指定に当たり集中治療部に名称の訓令改正が行われ、救急部内に集中治療部が併設されることになったが、当時から救急部および集中治療部は一体となって診療・研修にあたってきている。平成22年には東京都より救命救急センター(厚生労働省指定)の認可を受けた。

救命救急センター・ER
24時間365日、消防機関や医療機関からの要請ならびに自力受診患者に対して救急診療を行っている。疾患を問わない急性病態の診療と原因疾患を問わない重症病態の診療を、多職種・複数診療科で連携して行っている。来院時に緊急度・重症度判定を実施し、緊急度ないし重症度が高いと判断された症例に対応する部門が救命救急センターであり、それ以外の場合に対応する部門を当院ではER(Emergency Room)と呼称している。診療スペースとして、救命救急センター初療室3室、2次救急患者用スペースの4ベッド、個室診察室7部屋で診療にあたっている。救急車搬送患者に対しては、原則として救急科医師が初期対応している。また自力受診患者に対しては、該当する診療科が診療を行っている。また、診療領域が複数科にまたがる場合や受診手段によらず、緊急度を判定して院内トリアージを行い、原則として救急科医師は緊急度の高い自力受診患者を、各科当直医師は低緊急の自力受診患者の診療を行っている。緊急手術、緊急カテーテル検査等専門的な診療が必要な場合には当該専門科医師と協働する。初期診療後の病態に応じて、救命ICU(EICU:8床)ないし救急病棟(12床)で引き続き診療を行う。多部位外傷を初めとする多診療科の対応を要する病態や、心停止蘇生後、中毒、重症熱傷、敗血症性ショックなどに対しては救命ICUでクリティカルケアを行う。当院受療中の当該診療科関連の重症病態に対する集中治療は主に後述する集中治療部(ICU1・ICU2)で診療を行う。

救急病棟(12床)
全床で呼吸心拍モニターが設置されており、通常の病棟としての機能だけではなくCDU (Clinical Decision Unit)としての機能も有している。病院到着時には症状が無い場合でも、病歴や身体所見から急変の可能性がある場合や帰宅前に精査を必要とする場合には救急病棟で慎重に経過観察する。救急病棟を設けたことで緊急度に基づいた診療と効率的な救急外来診療を実践している。

集中治療部
院内急変や重篤な入院患者の集中治療管理(予期せぬ心肺停止、ARDS等の重症呼吸不全、敗血症、多臓器不全、ショックなどの重症患者)、術後の重症周術期管理などを主な業務とする。各診療科との専門的なディスカッションを随時行い、各科担当医と協力のうえ、最新のエビデンスに準じた治療を重視している。また、院内急変コールに対する対応も集中治療部が一手に担っている。集中治療部の病床は、以下のICU1とICU2に分かれている。

第1ICU(16床)
院内最重症例の診療をしている。各診療科と連携して治療を行う、いわゆるSemi-closed ICUとして運用しており、集中治療部スタッフと当該科担当医のほか、ICU専属の看護師、薬剤師、臨床工学技士の協力のもと全身管理を行っている。人工呼吸器、持続的血液濾過透析(CHDF)、血漿交換(PE)、血液透析(HD)、大動脈バルーンパンピング(IABP)、そして経皮的心肺補助装置(PCPS)等を駆使して全身管理を行う。

第2ICU(18床)
周術期患者や一般床では診療困難と判断した重症例の診療を行っている。基本的には各診療科が診療を行うopen ICUとして運用しており、集中治療部は各診療科から依頼があった場合に、要望に沿った呼吸管理や循環管理、鎮痛鎮静薬管理等を提供する。

危機管理
危機管理は大きく院内と院外に分けられる。院内危機管理としては、院内で急変が起きた時に発令されるコードブルーへの対応を始めとして、24時間365日院内で起きる患者状態変化に対応している。院外危機管理としては、東大病院は災害拠点病院であると共に、災害派遣医療チーム(DMAT)の設置されている。このため災害時の患者受け入れや医療チーム派遣に向けて、院内の災害対策マニュアルの改訂や、災害医療に関するセミナーや災害訓練などを行っている。

教育・研修
初期研修医のみではなく、外科、麻酔科、小児科、精神科等の他科専修医の研修(救急外来診療、集中治療、もしくは両者の研修)も受け入れている。また、平成23年3月11日の東日本大震災という未曽有の災害を経験し、医療資源とマンパワーが限られた中での医療をどのように行うかということがクローズアップされているが、これは卒後臨床研修の目標である総合診療・救急診療の重要性を示している。そこで、救命救急センターが中心となり、平成23年4月より症状と徴候を基にした臨床判断の養成講座「総合救急診療カンファレンス」を開催し、教育コンテンツとして44主要症状の症候別講義、小テスト、ビデオカンファレンス等を毎週4時間、水曜日16時~20時にOff-the-job Trainingとして行っている。全診療科にわたる総合救急診療知識のブラッシュアップや災害危機管理訓練、シミュレーション機器を使った様々な手技の確認や疑似診療訓練を行っている。平成25年には東大病院で救急初期診療のシミュレーション教育の一環としてAdvanced Medical Life Support(AMLS)コースを立ち上げた。座学、シミュレーション、そして救命救急センター業務でのOn-the-job Trainingと様々な場面で最適な教育・医療人育成を行い、研修者が効率よく総合救急診療・集中治療を習得できるよう日々工夫している。

災害医療マネジメント部
こちらをご覧ください。

スタッフ
20名程度(後期研修医含む)の編成で、救命救急センター運営、ICU管理、救急病床管理を、完全2交代制で24時間365日間断なく行っている。。

その他

医員・研修医募集のお知らせ
初期研修医を修了した方のほか、卒後3年目以上で総合救急診療・集中治療に携わりたい方は、分野を問わず広く歓迎致します。
詳細は下記、救急科:救命救急センター・ER/集中治療部 ホームページをご参照頂くか、医局事務
E-mail: todaiqq@m.u-tokyo.ac.jp
までお問い合わせ下さい。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る