受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 病態栄養治療部

前のページへ戻る

病態栄養治療部

病態栄養治療部 部長 窪田直人

 

お知らせ

病態栄養治療部では関係診療科とともにどなたでも参加できる下記の食事療法教室を開催しております。開催日時、場所は外来棟の掲示板をご覧ください。
 1. 糖尿病教室 週1回 開催曜日不定 (糖尿病・代謝内科)
 2. ベストウェイト教室 毎週木曜日または金曜日 (糖尿病・代謝内科)
この他にも慢性腎臓病講座3ヶ月に1回 (腎臓・内分泌内科),母親教室 (産科)があります。
食事療法展を例年10~11月に開催しております。場所は、入院A棟1階のレセプションルームにて、内容は「生活習慣病」に関することです。開催日近くになりましたら院内の掲示板でお知らせいたします。

概要

病態栄養治療部の理念
1.病状に応じたフードサービスの提供
2.栄養サポートチームと各チーム医療との連携強化
3.栄養指導、評価、管理の充実
4.治療食の研究・開発
5.臨床研究への積極的な参加

病態栄養治療部の業務について
栄養管理業務と栄養サポートチーム(NST)活動を通して、東大病院の栄養療法をさらに充実させるとともに、臨床栄養学研究を推進しています。おいしく安全な食事の提供と栄養・食事療法の支援や啓発などにより、患者さんの疾病治療に貢献できることを目ざすとともに、適正な栄養管理を持続するために、栄養ケアの地域連携を視野に入れ、入退院時などに食事・栄養情報の提供を行っています。

フードサービス
1.
入院生活のアメニティを考慮し、お食事は病棟食堂でお召し上がりいただいています。
各フロアーの食堂でカウンター越しの対面配膳で、患者さんと会話をしながら食事を提供しています。
食堂オープン時間は朝食8~9時、昼食12~13時、夕食18~19時です。
この時間内なら食堂でゆっくりお食事を召し上がることができます。

2.
家庭と同じような雰囲気で召し上がっていただくために、食器はすべて陶器を使用しています。
「入院生活の中での楽しみは食事です」との声を良く聞きます。
そこで、献立は季節感を盛り込み、さまざまな行事食(年間20回以上)も取り入れています。
例えば、正月のおせち料理、七草粥に始まり・・・・・・・12月のクリスマス、年越しそばまで年間20回程度の行事食を提供しています。
また、その都度手作りカードを添えています。

栄養指導体制
生活習慣病にとどまらず,多くの疾患と食生活との関わりは深く,疾病の予防・回復のために食事療法が必要とされています。その方々のために栄養指導を行っています。栄養指導ご希望の場合は,医師からの指示(申し込み)が必要です。指導日は予約制で月曜日から金曜日まで毎日行っています。

実績

患者給食数(平成28年度)
一般治療食  371,577(43%)
特別治療食 特別食加算  222,055(26%)
特別治療食 特別食非加算  271,778(31%)

栄養指導件数(平成28年度)
個別指導件数  12,784件
集団指導件数  615件
糖尿病透析予防外来  155件

案内図

栄養相談室

NST研修

【東京大学医学部附属病院NST研修プログラム】

このプログラムは、日本静脈経腸栄養学会認定教育施設、日本病態栄養学会「栄養管理・NST実施施設」として企画したものです。
「日本静脈経腸栄養学会認定資格 NST専門療法士」の受験資格取得に必要な40時間の「実地修練」ができるプログラムです。
また、栄養サポートチーム加算の専従者、専任者のための「栄養管理に係る所定の研修」に相当します。

目的
臨床栄養法のために必要とされる患者との人間関係の確立を基盤とし、栄養学的専門知識を実際の臨床において発揮させるための技能を修得させることを目的とする。

研修内容
研修場所:
NST活動に必要な基礎的事項について、東京大学医学部附属病院内で実施する。

対象職種:
NST専門療法士資格取得や栄養サポートチーム加算取得のために、知識と技術の向上を目指す管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師等とする。

研修内容:
1.栄養ケアの実践
 (1)情報収集(データベースの作成)
 (2)栄養スクリーニング法と栄養アセスメント
 (3)データベースおよび栄養アセスメント結果に基づく栄養ケアプランの作成
 (4)モニタリングと再評価、問題点やリスクの抽出
 (5)栄養療法に関する合併症の予防と発生時の対応
2.各診療科、各病棟等のカンファレンス
 (1)PEG、VF検査の見学
 (2)NSTによる栄養ケアの意義
 (3)各診療科カンファレンス、各病棟NSTミーティング参加
 (4)NST回診、褥瘡回診、呼吸療法サポートチーム回診
3.病棟実習
 (1)栄養スクリーニング(SGAの記載)
 (2)栄養補給の実際:静脈栄養、経腸栄養、食事摂取
 (3)看護師業務の見学
 (4)患者および家族への指導、在宅・院外施設での栄養管理法
4.調剤
 (1)輸液の種類と特徴
 (2)経静脈輸液の適正調剤と衛生管理

臨床実習スケジュール

・・1週目・・
● 月曜日
<午前>
オリエンテーション
当院のNST活動の概要(講義)
担当患者データベース作成・情報収集
<午後>
担当患者の決定
リハビリテーション科見学

● 火曜日
<午前>
検査部見学
褥瘡カンファレンス症例の情報収集
褥瘡回診参加
NSTについて(講義)
<午後>
嚥下機能造影検査見学
摂食・嚥下カンファランス参加
病棟NST見学 

● 水曜日
<午前>
栄養スクリーニング・栄養評価
胃瘻造設見学
担当患者アセスメント
<午後>
担当患者の情報収集
RSTカンファランス・回診見学
症例検討会

● 木曜日
<午前>
身体計測・栄養評価
担当患者モニタリング
<午後>
口腔ケア(歯科衛生士講義)
病棟NST見学

● 金曜日
<午前>
薬剤部の見学
薬剤師講義
病棟業務(看護師業務)見学
<午後>
NST回診参加
担当患者まとめ・発表

※1日 9:00~18:00(休憩1時間)の8時間
※5日間(40時間)の参加のみ受け付けます。
※ 研修内容が若干変更になる場合がございます。

日程
第1期 平成29年9月4日(月)~ 9月8日(金) ※募集は終了しました
第2期 平成29年 12月4日(月)~12月8日(金) ※募集は終了しました
第3期 平成30年2月5日(月)~ 2月9日(金)

募集人員
各期間とも5人

申込方法
申込書をダウンロードして必要事項のご記入・ご捺印後、問い合わせ先の住所までご郵送ください。
書類を確認後、メールにてご連絡致します。

申込書ダウンロード

その他
<集合場所・時間>
実習初日:入院棟A棟地下1階 病態栄養治療部、9:00まで
持ち物:筆記用具、ユニフォーム(自施設のものでよい)、室内履き、昼食
※院内にコンビニ、レストランあります

問い合わせ先
東京大学医学部附属病院 病態栄養治療部
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
TEL:03-5800-8637
担当 大谷
E-mail:otania-adm@h.u-tokyo.ac.jp

受診・お見舞いトップに戻る