受診・お見舞い

皮膚科

皮膚科 科長 佐藤伸一

 

 

概要

診療体制
外来では、初診3名、再診3名の医師が交代で診療に当たっています。また、当科には各種の専門外来が設けてあり、必要に応じて専門外来で経過をみてまいります。ただし、原則として初診の患者さんがはじめから専門外来を受診できるシステムではありません。病棟は、指導医と研修医がペアで主治医を勤め、病棟回診などを通じて常にスタッフで治療方針の話し合いをしています。退院後の経過観察も、原則として病棟での主治医がそのまま受け持ちます。

治療方針
視診による臨床診断の上で、細菌、真菌培養検査や、必要に応じて皮膚生検などを行います。組織学的(各種免疫組織を含む)検討などにより確定診断がなされれば、各種外用療法、内服療法、紫外線療法、手術療法などを単独あるいは併用して治療にあたっています。場合により入院とした上で、諸検査や治療を致します。

得意分野
専門外来としては、アトピー外来、乾癬外来、強皮症外来・膠原病外来、水疱症外来、皮膚外科外来、リンフォーマ外来、レーザー外来などがあります。

外来担当一覧担当

先進・特殊医療

生物学的製剤
乾癬に、生物学的製剤による加療を行います。

紫外線照射
乾癬、類乾癬、菌状息肉症などに、通常は入院の上で、内服PUVA療法やnarrow band UVB療法を行います。

レーザー照射
現在は保険適応のある疾患に限って施行しています。パルス色素レーザーは単純性血管腫、莓状血管腫、および毛細血管拡張症に、また、Qスイッチアレキサンドライトレーザーは太田母斑、異所性蒙古斑、および外傷性異物沈着症に用いています。

主な検査と説明

外来
・ 顕微鏡検査
・ デルマトスコープ
・ パッチテスト
・ 生検

入院
・ 光照射試験
・ パッチテスト、内服試験
・ 生検

診療実績

現在、診療科で重点的に診療を行っている疾患、治療方法、検査方法
【疾患】
1. 乾癬
2. 膠原病
3. 皮膚腫瘍

【治療方法】
1. 乾癬に対する生物学的製剤による加療
2. アトピー性皮膚炎に対するタクロリムス軟膏外用療法
3. 膠原病に対するガンマグロブリン大量投与療法
4. 血管腫に対するパルス色素レーザー療法
5. 太田母斑に対するQスイッチアレクサンドライトレーザー療法

【検査方法】
1. デルマトスコープによる皮膚病変の観察
2. 皮膚エコーによる皮膚病変の観察
3. 皮膚悪性腫瘍におけるセンチネルリンパ節生検
4. 蛍光抗体法による組織学的診断
5. 貼付試験

その他の実績
※ タイトルをクリックするとデータをご覧いただけます。

診療科で扱った主疾患と外来患者数(平成28年度)

診療科で扱った主疾患と入院患者数(平成28年度)

診療科で行った主な手術や処置の件数(平成28年度)

診療科で行った主な検査、特殊な検査の件数(平成28年度)

月別入院・外来患者数の年間動向(平成28年度)

学会の指導医数、認定医数(平成29年7月1日現在)

研修内容

研修スケジュール
スーパーローテート中は病棟に配属され、指導医のもとで基本手技を学びます。ローテート終了後は本院もしくは関連病院でさらに臨床能力を身につけていただきますが、卒後3年目から大学院への進学も可能です。6年目から日本皮膚科学会専門医試験を受験できます。

リンク

受診・お見舞いトップに戻る