受診・お見舞い

HOME > 受診・お見舞い > 診療科のご案内 > 国立大学病院データベースセンター

前のページへ戻る

国立大学病院データベースセンター

国立大学病院データベースセンター センター長 塩﨑英司

 

国立大学病院データベースセンターは、国立大学附属病院の診療、研究及び教育の質の向上に有効な情報の収集及び解析を行い、管理運営の改善・充実に資することを目的として設置されています。

概要

当センターは、国立大学附属病院長会議に設けられているデータベースセンター管理委員会のもとで国立大学の診療、財務、組織に関わるデータを収集し、集計・分析を行い、各国立大学病院に提供しています。また、病院長会議が行う政策提言のためのデータ作成などを業務としています。

組織構成

センター長、教員、 専門職員、システムエンジニア、事務職員の他に、医療政策・経営分野等の協力教員や事務部職員の協力により組織され、管理委員会及び各プロジェクトチームとの連携で構成されています。

主な活動

1. 以下のデータの収集・分析・フィードバック
(1) 患者数、診療件数、職員数等病院の基礎データ
(2) 財務に関するデータ
(3) 臨床教育に関するデータ
(4) 大学病院の機能に関するデータ
(5) DPCデータ
(6) 医薬品・材料の購買に関するデータ
(7) 看護部・手術部・薬剤部の部門別データ

2. OLAP(On Line Analytical Processing)によるDPCデータ分析およびその活用

3. 病院長会議の政策提言等に関するデータ提供

4. データベースの構築・運用およびセキュリティ管理

受診・お見舞いトップに戻る