HOME > 病院からのお知らせ > 山田耕筰先生寄贈のピアノ(当院所有)が東日本大震災復興支援のために使用されます

前のページへ戻る

病院からのお知らせ

山田耕筰氏寄贈のピアノ(当院所有)が東日本大震災復興支援のために使用されます

  2016年03月08日

昭和13年に作曲家山田耕筰氏より東大病院芙蓉会(看護部OBと現看護職員の親睦団体)に寄贈されたスタインベルグ社製のピアノが、3月11日に開催される「東日本大震災復興支援のための演奏会 in 東洋英和女学院」で使用されることになりました。

このピアノは寄贈されてから長い年月の間に老朽化しておりましたが、2009年にその音色を忠実に蘇らせようと、芙蓉会が中心となって修復のための寄附を募り、多くの皆様にご賛同いただきました。そのご寄附によって修復作業が実現し、約2年間の修復作業を経て2011年秋に戻ってまりました。その後このピアノは芙蓉会から当院へ寄贈され、昨年秋に当院で開催した「看護フェスタ2015」でも美しい音色を来場された方々にお聴きいただきました。

日本音楽会の父といわれる山田耕筰氏と日本を代表する詩人である北原白秋は、大正12年の関東大震災で被災した方々の心を癒すために「からたちの花」や「この道」など今もなお日本人の心に響く音楽を創作してきたといわれています。この度、東日本大震災の復興支援のため、さらに、二人が培った「音楽による復興への想い」を現代からさらにこれからの将来に繋げていくために開催されるこの演奏会に、このピアノを貸し出すことになりました。

演奏会の詳細は添付のポスターをご覧ください。(ポスターの画像をクリックしてください。)

◆演奏会についてのお問い合わせ◆
北原白秋映画制作準備委員会 事務局
03-6695-2367(平日9時~18時)
(メールでのお問い合わせ)
http://songwriter-hakushu.jimdo.com/

 演奏会ポスター

画像をクリックするとサイズの大きい画像をご覧いただけます。