HOME > 病院からのお知らせ > 第12回がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会開催

前のページへ戻る

病院からのお知らせ

第12回がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会開催のお知らせ

  2014年04月18日

第12回がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会(東京大学医学部附属病院)実施要項

当院では、厚生労働省の定めるがん診療連携拠点病院として、地域のがん診療に携わる医師に対して研修を実施いたします。グループ演習を中心としたプログラムを通じ緩和ケアについての基本的知識を習得することを目指します。

1.主催
東京大学医学部附属病院

2.目的
がん診療に携わる医師が、研修等により緩和ケアについての基本的な知識を習得し、治療の初期段階から緩和ケアが提供されるようにすることを目的とします。

3.参加者
がん診療に携わる医師(30名程度)
(但し、参加者が上限を超えた場合は、がん診療連携拠点病院の担当圏域に基づき、千代田、中央、港、文京、台東の各区の病院等に勤務する者を優先します。)

4.開催日
平成26年7月5日(土)、7月6日(日)の2日間
(進行表を参照のこと)

5.場所
東京大学医学部附属病院中央診療棟2,7階大会議室
(交通費は自己負担となります)

6.修了
研修会を修了した者には、主催者(東京大学医学部附属病院長)及び厚生労働省健康局長による修了証書を付与します。

7.募集期限
平成26年6月6日(金)
(期日厳守。募集期限以降に申し込まれた場合、修了証書が発行されない場合があります。)

8.申込方法
下記アドレスよりお申込みください。
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/soken/training/PTraining.php?document_id=0208&document_mng_num=02083706013956

9.連絡先
東京大学医学部附属病院 総合研修センター
E-mail: soken@h.u-tokyo.ac.jp
TEL: 03-5800-8608(内線32212)

10.費用  
無料

<付記>   
診療報酬改定により、本研修会を修了していることが、がん性疼痛指導管理料やがんカウンセリング料の算定に反映されるようになっています。また、がん拠点病院では2014年度より、卒後2~5年目の全ての医師が本研修会を受けるよう体制を整備し、修了者について患者さんに情報提供することとなりました。(厚生労働省健康局長通知)