HOME > 病院からのお知らせ > 病院長 門脇 孝(医学系研究科 教授)が2011年度武田医学賞を受賞

前のページへ戻る

病院からのお知らせ

病院長 門脇 孝(医学系研究科 教授)が2011年度武田医学賞を受賞

 2011年10月03日

この度、病院長の門脇 孝(医学系研究科内科学専攻 生態防御腫瘍内科学講座 代謝・栄養病態学、糖尿病・代謝内科 教授)が、2011年度武田医学賞を受賞しました。これは、「2型糖尿病の分子機構に関する研究-アディポネクチン受容体の発見と機能解析を中心に」のテーマに対して与えられるものです。「武田医学賞」は、医学界で顕著な業績を挙げ、医学ならびに医療に優れた貢献を果たされた学者・研究者に武田科学振興財団から贈呈される賞で、今年で第55回を迎える賞です。

※ 受賞の詳細は同財団のホームページ(http://www.takeda-sci.or.jp/business/prize.html)をご覧ください。