HOME > 病院からのお知らせ > 多剤耐性緑膿菌について

前のページへ戻る

病院からのお知らせ

多剤耐性緑膿菌について

 2011年04月15日

昨年11月に発生しました多剤耐性緑膿菌の検出について、病院内における感染予防策の一層の強化とともに国立大学感染対策協議会の支援も受けて、全病院を挙げて取り組んで参りました。その後、多剤耐性緑膿菌の検出が減少しております。そのため、これまで白血球を高度に減少させる特定の診療に関して制限を行っておりましたが、3月22日より制限を一部解除いたしました。今後も感染症の発生動向を監視しながら、診療を行って参ります。

なお、本件の国立大学感染対策協議会からの報告や当院での対応については、当ホームページで改めて報告させていただく予定です。

病院長