腫瘍コース

腫瘍コースの一週間の流れ

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
AM 手術
病棟処置
8時00分~
術前検討会
 
9時30分~
准教授回診
 
病棟処置
手術
病棟処置
8時~
手術報告会
 
9時30分~
教授回診
 
病棟処置 病棟処置
病棟処置
PM 手術 13時~
腫瘍外来
手術 13時~
腫瘍外来
 
18時00分~
抄読会・集会
病棟業務他

准教授・講師を筆頭に助教3~4人が中ベンとなり、その下に研修医が3~4人つく体制で行います。 土曜日・日曜日は中ベンと研修医が交替で出勤して病棟処置を行います。

手術日

頭頚部悪性腫瘍を扱います。週2回の手術日で、月曜日は形成外科・脳外科などと共同で行う再建手術を行います。水曜日は3-4時間程度で終了する手術を行います。再建手術の場合、手術時間は9時間から場合によっては翌朝までかかることもあります。ただし、耳鼻科の執刀する部位は4時間から5時間程度です。

c_t_1   c_t_2

形成外科との同時手術の風景。

奥側耳鼻科が病巣を摘出している間に、手前側形成外科が再建用の筋皮弁を採取しています。 耳鼻咽喉科の中でもっともダイナミックな手術です。ここに魅了され、頭頸部外科医を志し入局する医局員も多数います。 研修医の基本は鈎引きですが研修具合によっては気管切開、など執刀のチャンスもあります。 腫瘍コースで経験する頸部郭清などの手術により頭頚部の解剖に精通してきますので、 いざ救急外来で頸部切創などの症例がきた時に対応できる能力が自然と身についてきます。

 

腫瘍外来

頭頸部悪性腫瘍を診察する外来です。最新のNBIつきファイバースコープも導入されており、より早期の癌の発見も目指しています。

研修医は各外来毎に1~2名程度の腫瘍初診患者を診察します。腫瘍患者の治療には疾患の診断以外にも生活歴、家族背景などがきわめて重要となってきます。 それ故問診には非常に長い時間をかけます。問診の後、咽頭喉頭、頸部触診所見をとり、大ベンとともにファイバー所見をとり治療方針を決定してゆきます。

c_t_3   c_t_4

外来終了後はカンファレンスを行い、全患者のレヴューを行います。初診患者に関しては画像などを提示しながら、 治療方針などのDiscussionを行うことで研修医のSkill upを図ります。 木曜日は放射線科Dr.も参加し、外来・入院患者の治療方針について確認してゆきます。