めまい外来

毎週金曜日の午後に診療を行っております。年間の初診患者数は300例を超えており、日本耳鼻咽喉科学会専門医の資格を有し、めまい診療を専門とする医師7~8名のチームで診療に当たっております。また日本めまい平衡医学会専門会員が当外来を運営しています。原則として、初診時は午前中の一般外来にて聴力検査や一般的な診察をさせていただいた後、 後日、めまい外来を予約受診していただくことになります。

ver

      平成25年めまい外来初診患者339名の疾患内訳

 

治療方針

初診時に十分に問診を行ったうえで、その病状に応じて眼振検査、電気眼振図検査、温度刺激検査、重心動揺計検査、 VEMP検査、video-head impulse test等を行います。診断・治療に関しましては、患者さんそれぞれの病態や状況に応じて最適と思われるものをカンファレンスによって決定しています。

対象となる症状

回転性めまい(ぐるぐる目の回る感じ)のする方
浮動性めまい(ふわふわ宙に浮いたような感じ)のする方
平衡障害(不安定な感じ、歩くところびそうな感じ)のある方

対象となる疾患

メニエール病、良性発作性頭位眩暈症(BPPV)、前庭神経炎、めまいをともなう突発性難聴、遅発性内リンパ水腫、聴神経腫瘍、椎骨脳底動脈循環障害、 血圧異常によるめまい、頚性めまい、心因性めまいなどの内耳性及び中枢性のめまい全般に対して、診断・治療を行っています。

外来で行われる主な検査について

眼振検査

注視眼振検査、赤外線CCDカメラ眼鏡下で頭位眼振・頭位変換眼振、頭振後眼振検査を行います。

重心動揺計検査

からだのバランスの状態を正確に測定します。

ENG検査(電気眼振図検査)

電気眼振計を用いて、pursuit, saccade, optokinetic nystagmus等の眼球運動異常の有無を調べます。

温度刺激検査(カロリックテスト)

冷水を用いて、耳の中に注水し、めまいを誘発することで外側半規管の機能検査を行います。

VEMP検査(前庭誘発筋電位検査)

音刺激や骨導刺激を用いて頚部の筋肉や外眼筋におこる反射を測定し、耳石器機能の検査を行います。

Video Head Impulse Test

高速度カメラと加速度センサーを備えた装置で、三半規管の前庭動眼反射を客観的に定量化することができる検査です。

外来で行われている特別な治療について

ゲンタシン鼓室内注入療法

難治性のメニエール病や内耳性めまいに対し、ゲンタシンという薬物を耳に注入し、めまい発作を抑制する治療法です。 難治性メニエール病のめまいに対する長期制御率90%以上です。

デキサメザゾン鼓室内注入療法

ゲンタシン鼓室内注入よりもより適応の広い前庭に対する侵襲の低い治療として、ステロイド(デキサメサゾン)鼓室内投与を外来で行っております。現在のところ、めまいの長期的な制御率は約70%です。

浮遊耳石置換療法

良性発作性頭位めまい症(BPPV)の症例に対して行う理学療法の一種です。 この治療で、頭を動かす度に生じるBPPVの不快なめまいが消失します。