研究協力のお願い

平成27年5月29日

耳鼻咽喉科疾患の病態生理の解明と治療効果に関する後ろ向き研究へのご協力のお願い

1.この研究の概要・目的

当科では耳鼻咽喉科領域の病気が発症するメカニズムの解明とそのより効果的な治療法の開発を目標として、さまざまな研究活動を行っております。このような研究活動の基礎として、実際に外来受診、または入院して診断検査や治療を受けた患者様の診療録は病気の全体像を明らかにする上で大変貴重な医学的情報を含んでおります。そこで当科では過去に当科を受診された患者様を対象として、診療録に記録されている各種の検査結果、臨床経過、治療内容とその効果などの医学情報を解析し、病気の臨床像や発症、治療効果に関与する因子の検討を行う研究を行うことで、耳鼻咽喉科的疾患治療の発展に寄与することができると考えております。

 

2.対象

昭和 55 年 1 月から研究倫理委員会承認日までの間に東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科を受診された患者様の診療録に基づくデータを研究の対象としております。

 

3.方法、実施場所、個人情報の保護

当科所属の研究者が診療録を閲覧しながら、診療録の情報を調査票に記入し、東京大学医学部附属病院内において各種の統計解析を実施します。この情報とは、診療録記載内容及び診療過程で収集される試料(血液検査・病理組織検査など)や画像検査の結果も含みます。患者様ご自身の氏名・住所・生年月日等の個人情報とは一切連結できないようにしてデータを記録するためこの時点で患者様の匿名化は完了し、患者識別情報が含まれないデータのみを取り扱います。データは各研究の責任者がパスワードロックをかけたパソコンに保存し当教室において厳重に保管します。データは研究終了後一定期間を経過したのち研究者が責任をもって廃棄します。

 

4.研究における倫理的配慮について

本研究は直接患者様に介入する研究ではなく、患者様の生命・健康に直接影響を及ぼさず、人体から採取した試料を実験的に用いることもありません。前述の通り、検査結果などの個人情報はすべて匿名で解析されますので、個人が特定されることはありません。学会発表や学術雑誌及びデータベース等による結果の発表の際にも個人の特定が可能な情報はすべて削除致します。また研究対象の該当者、非該当者のいずれの患者様においても現在の診療内容に全く影響を及ぼしませんし、不利益を受けることはありません。

 

5.研究への参加・不参加

この研究は、東京大学医学部倫理委員会の承認を受け、東京大学大学院医学系研究科・医学部長の許可を受けて実施するものです。ご自身のデータが観察研究に用いられることに同意されない場合は、下記連絡先までお願い致します。また、研究に同意されなくても、治療を続ける上で不当な扱いを受けることは決してありません。

 

6.現在進行中の研究はこちらからご覧になれます。

当科にて進行中の後ろ向き観察研究一覧

 

連絡先:

東京大学医学部附属病院  耳鼻咽喉科・頭頸部外科

准教授  近藤健二

メールアドレス:kondok-tky@umin.ac.jp  FAX:03-3814-9486