医局員紹介(岩崎 真一)

iwasaki

岩崎真一 

准教授
平成4年入局
東京大学卒

 

 

 

 

 

 

 

 

略歴

1992年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院、武蔵野赤十字病院、都立府中病院勤務の後、 2002年より年東京大学医学部耳鼻咽喉科助手。2006年1月~8月Royal Prince Alfred病院神経科(Halmagyi 教授)に留学。 2006年9月東京大学耳鼻咽喉科特任講師。2007年3月東京大学医学部耳鼻咽喉科講師。2009年10月より現職。

専門

めまい・平衡神経科学、神経耳科学を専門とする。手術は、専門とする耳科手術を中心に、悪性腫瘍を除く耳鼻咽喉科手術 (鼻、咽頭及び頸部の良性腫瘍など)を全般的に行っている。研究は聴覚・前庭覚における病態解明および新規治療の開発を目的として、 イオンチャネルの機能解析や神経栄養因子の作用、内耳有毛細胞の機能維持や再生についての研究を行っている。

所属学会

1.日本耳鼻咽喉科学会 専門医
2.日本めまい平衡医学会 アクティブメンバー
3.日本耳科学会
4.日本頭頸部外科学会
5.日本聴覚医学会
6.日本鼻科学会
7.日本頭頸部癌学会
8.Association for Research in Otolaryngology 
9.Neuro-otological Society of Australia
10.Barany Society
11.Collegium Oto-Rhino-Laryngologicum Amisitae Sacrum

主な論文

  1. Iwasaki S, Momiyama A, Uchitel OD and Takahashi T: Developmental changes in calcium channel types mediating central synaptic transmission. Journal of Neuroscience 20: 59-65, 2000.
  2. Iwasaki S, Takai Y, Ozeki H, Karino S, Ito K, Murofushi T: Extent of lesions in idiopathic sudden hearing loss with vertigo: Study using click and galvanic VEMP. Archives of Otolaryngology Head & Neck Surgery 131: 857-862, 2005.
  3. Iwasaki S, McGarvie L, Halmagyi GM, Burgess AM, Kim J, Colebatch JG, Curthoys IS. Head taps evoke a crossed vestibulo-ocular reflex. Neurology 68: 1227-1229, 2007.
  4. Iwasaki S, Chihara Y, Komuta Y, Ito K, Sahara Y. Low-voltage activated potassium channels underlie the regulation of intrinsic firing properties of rat vestibular ganglion cells. J Neurophysiol 100: 2192-2204, 2008.
  5. Fujimoto C, Murofushi T, Chihara Y, Ushio M, Sugasawa K, Yamaguchi T, Yamasoba T, Iwasaki S. Assessment of diagnostic accuracy of foam posturography for peripheral vestibular disorders: Analysis of parameters related to visual and somatosensory dependence. Clin Neurophysiol 120: 1408-1414, 2009
  6. Iwasaki S, Yamamoto Y, Togo F, Kinoshita M, Yoshifuji Y, Fujimoto C, Yamasoba T. Noisy vestibular stimulation improves body balance in bilateral vestibulopathy. Neurology 82: 969-975, 2014.

Curriculum Vitae