医局員紹介(樫尾 明憲)

kashio1樫尾  明憲
平成13年度入局
東京大学医学部卒業

略歴:

2001年 東京大学医学部医学科卒業。東京警察病院、亀田メディカルセンターにて研修。

2006年9月 日本耳鼻咽喉科専門医取得。

2007年1月 東京大学耳鼻咽喉科医員。小児難聴外来に携わる。

2008年1月 東京大学耳鼻咽喉科助教。

2010年12月~2011年2月 University of Washington および Seattle Children’s hospital Rubinstein教授のもとで visiting scholar として人工内耳医療の視察を行った。

2013年6月~2014年3月 University of Iowa Gantz教授のもとでハイブリッド人工内耳・BAHAをはじめとした先端人工聴覚臓器について学び、同時にAbbas 教授のもとで人工内耳患者におけるECAP(NRT)の測定研究を行った。

2016年12月~ 医局長

専門:

臨床は耳科学、聴覚医学特に小児難聴・人工内耳医療を専門とする。特に人工内耳手術は術者としてこれまで100例以上の執刀経験を持つ。2児の父親としても小児発達についての知見を深めているところである。

臨床研究に関しては人工内耳疾患別成績・画像評価・ECAP測定等の検討、加齢性難聴における中枢聴取機能の評価方法の検討・中枢聴取機能改善のためのトレーニングプログラムの開発について行っている。

基礎研究に関してはアミノ配糖体抗菌薬投与・音響暴露と内耳アポトーシスの関連、ミトコンドリア障害モデルにおける難聴の関連およびサプリメント投与による難聴予防等の検討を御内、内耳性難聴の予防・治療方法について研究を行っている。

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会 専門医・指導医・乳幼児委員会委員
日本耳科学会  学会幹事・編集委員会委員
日本聴覚医学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
日本気管食道科学会
日本頭頸部外科学会
Association for Research in Otolaryngology

業績

  • Kashio A, Tejani VD, Scheperle RA, Brown CJ, Abbas PJ.Exploring the Source of Neural Responses of Different Latencies Obtained from Different Recording Electrodes in Cochlear Implant Users. Audiol Neurootol. 21(3):141-9,2016
  • Kashio A, Sakamoto T, Karino S, Kakigi A, Iwasaki S, Yamasoba T. Predicting round window niche visibility via the facial recess using high-resolution computed tomography. Otol Neurotol. 2015 Jan;36(1):e18-23.
  • Kashio A, Sakamoto T, Kakigi A, Suzuki M, Suzukawa K, Kondo K, Sato Y, Asoh S, Ohta S, Yamasoba T. Topical application of the antiapoptotic TAT-FNK protein prevents aminoglycoside-induced ototoxicity. 19(12):1141-9, 2012
  • Kashio A, Ito K, Kakigi A, Karino S, Iwasaki S, Sakamoto T, Yasui T, Suzuki M, Yamasoa T. Carhart’s notch, a 2kHz bone conduction threshold dip, is not a definitive predictor of stapes fixation in conductive hearing loss accompanied with a normal ear drum. Arch Otolaryngol Head Neck Surg 137(3):236-40, 2011.
  • Kashio A, Amano A, Kondo Y, Sakamoto T, Iwamura H, Suzuki M, Ishigami A, Yamasoba T. Effect of vitamin C depletion on age-related hearing loss in SMP30/GNL knockout mice. Biochem Biophys Res Commun.;390(3):394-8, 2009
  • Kashio A, Sakamoto T, Suzukawa K, Asoh S, Ohta S, Yamasoba T : A protein derived from the fusion of TAT peptide and FNK, a Bcl-x(L) derivative, prevents cochlear hair cell death from aminoglycoside ototoxicity in vivo. J Neurosci Res. 85:1403-12, 2007