医局員紹介(安藤 瑞生)

andou
講師
平成12年度入局
東京大学医学部卒業

 

帝京大学市原病院(研修医)、東京大学附属病院(医員)、東京逓信病院、竹田綜合病院、国立がんセンター中央病院・東病院、東京大学附属病院(助教)、東京大学大学院博士課程を経て、平成27年より現職。平成28年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校Mooresがんセンター留学。

頭頸部腫瘍の治療を専門とし、早期癌の機能温存手術から進行癌の頭蓋底手術まで幅広く執刀する。主な研究分野は悪性腫瘍の分子生物学、ゲノム医学。

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会(専門医)、日本頭頸部癌学会(評議員)、日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、日本癌学会、日本癌治療学会、日本人類遺伝学会

主要論文

1. Ando M, Kawazu M, Ueno T, et al. Mutational landscape and antiproliferative functions of ELF transcription factors in human cancer. Cancer Res. 76:1814-24,2016
2. Ando M, Kawazu M, Ueno T, et al. Cancer-associated missense mutations of caspase-8 activate nuclear factor-κB signaling. Cancer Sci. 104:1002-8,2013
3. Ando M, Asai M, Ono T, et al. Metastases to the lingual nodes in tongue cancer: a pitfall in a conventional neck dissection. Auris Nasus Larynx. 37:386-9,2010
4. Ando M, Asai M, Asakage T, et al. Metastatic neck disease beyond the limits of a neck dissection: attention to the ‘para-hyoid’ area in T1/2 oral tongue cancer. Jpn J Clin Oncol 39:231-6,2009