看護部の理念・目標

 150年を超える年月、東大病院は新しい医療を開発し、医療人を育成し、患者へよりよい医療を提供することを使命としてきました。

 全国から集まった職員の力を合わせて、目の前の患者に、そして、いまと未来の医療に貢献したいと願っています。

東大病院が目指す看護

看護部の理念

  1. 患者に最適な看護を提供します
  2. 優れた専門職業人を育成します
  3. 医学と看護の発展を目指します

私達の基本姿勢

  1. 学び続ける姿勢
  2. チャレンジする精神
  3. 誇りと喜びを持って働く姿

私達の看護

 「みて、触れて、考える看護」


期待する看護職像

  1. 患者の参加を促し、患者の意思を尊重しながら、確かな知識・技術・判断に基づいて、患者の生命力を引き出す看護を提供する。
  2. 組織の一員としての自覚をもち、医療チームにおいて互いの能力を最大限発揮できる関係を築き、主体的に責任を持って自らの役割を果たす。
  3. 仕事に対する誇りをもち、医療の進歩、社会の変化に対応する高度な専門的能力を身に付けるために自己研鑽に努める。
このページのトップへ

東大病院看護部のあるべき姿

 当院看護部では、平成21年度に「看護部の理念」を再定義し、また「私達の基本姿勢」「私達の看護」を明文化し、それ以前から設定していた「期待する看護職像」と合わせ、東大病院看護部が目指す看護として位置づけました。

 以後、5年が経過しましたが、当院看護部が実現を目指す看護の姿は変わりません。しかし、理念の実現に向けて組織一丸となって取り組む上で、各理念がどのような姿を目指すものであるのかをある程度具体的に表し、共有することが効果的であると考え、平成26年3月、それぞれの理念について改めて「あるべき姿」という形で表現しました。

看護部のあるべき姿

  1. 患者に最適な看護を提供します
  2. (あるべき姿)

    • みて、触れて、考える看護を実践し、患者の生命力を引き出す看護を提供している
    • 同僚および多職種と相互の役割を尊重した協働関係を築き、チーム医療を提供している
    • 患者を生活者としてとらえる視点を持ち、退院後の生活を見据えて高度急性期医療を提供している
  3. 優れた専門職業人を育成します
  4. (あるべき姿)

    • 病院内外において広く活躍することのできる「看護実践能力」「役割遂行能力」「自己教育力」を備えた看護師を育成している
    • それぞれがモデルとなる職員から実践を通して学んでいる
    • 看護師だけでなく他職種の育成に協力し、それぞれの専門性を高めている
  5. 医学と看護の発展を目指します
  6. (あるべき姿)

    • 他者により公表された研究や自ら取り組んだ研究の成果を、看護実践や教育、看護管理等に活用している
    • 臨床の疑問を看護研究につなげている
    • 広く院内で行われている臨床試験や研究、高度先進医療等に協力している
このページのトップへ

目標

平成26年度看護部目標

  1. 倫理観を高め、基本的な知識・技術に基づいて、みて、触れて、考える看護を確実に実践する
  2. 部署の専門性を高め、患者の生命力を引き出す看護を実践する
  3. 教育体制や支援体制の充実と働く環境のさらなる整備により、看護職員定着率が向上する
  4. 臨床に根ざした看護研究に向け、文献検索を日常の看護実践や教育、看護管理の評価や改善に活用する
  5. 平成26年度診療報酬改定による変化に対応するとともに、病院機能評価認定を果たす
このページのトップへ