老年病科とは

― 何歳から高齢者? ―
 様々な統計では、昔から、高齢者は65歳以上とされることが多く、65-74歳の老年前期、75-89歳の老年後期、90歳以上の超高齢者に区分されています。日常臨床の経験では、75歳以上の、いわゆる後期高齢者が、若年成人と異なった特徴を示すことが多いと思われます。
 そのような理由で、老年病科の対象をあえて年齢で区切ると、75歳以上の方々が、主な対象です。しかし、老化は、突然始まるわけでもなく、個人差もあります。また、予防医学(老化に伴う様々な疾患の予防)も当科の重要なテーマですから、65歳未満の患者様がたくさん当科に通院しておられます。
 

― 高齢者を診る専門医療の必要性 ―
 高齢者を診る医療は、若年成人を対象とする医療とは異なった特徴を持っています。
 例えば薬についても、その薬物動態の加齢変化、多剤服用による相互作用、合併症への影響、さらには、”本当にくすりが正しくのめるのか”という服薬の状況にまで配慮する必要があります。

 また、高齢者の多くの方が、複数の臓器に障害をもっています。このような多臓器の障害に対して、個別に臓器を検査し、薬を積み重ねるという診療方針は、かえって様々な害をもたらすことさえあります。
 
 老年病科は、スタッフひとりひとりの広範な総合内科的な経験とサブグループごとの専門的知識を結集して、最終的に患者様の全体像をみて診療にあたっています。そして、「病気を治す」だけではなく、全人的に「病人をよくする」ことを目標にしています。
 

― 老年病科の対象 ―
 高齢者医療の特殊性に対応するために、われわれは高齢者のための総合診療科として「全人的包括的診療」をおこなうことを指向しています。したがって、 “いろいろな病気をもっているので、どこの診療科へ行けばよいか分からない”、“はっきりとした病名が分からない”など、現在の臓器別、疾患別の診療であぶれてしまう患者様は、まさに老年病科の対象といえます。
 また、救急診療を受ける高齢者は、原疾患にかかわらず、容易に多臓器の障害に至るため、臓器別の診療科の枠を越えてしまう例が多くあります。そのため、老年病科は、高齢者の救急診療にも積極的に対応しています。

 そのような特徴から、老年病科の対象疾患は非常に多岐にわたりますが、なかでも当科の診療することが多い対象疾患としては、認知症、高齢者の動脈硬化性疾患全般、高齢者の呼吸器疾患 (嚥下性肺炎、COPD、間質性肺炎、肺癌 など)、骨粗鬆症、圧迫骨折、睡 眠時無呼吸症候群などがあります。東京大学医学部附属病院ホームページ 診療科のご案内 もご参照ください。

文責 山口 泰弘  




東京大学医学部附属病院 老年病科 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1 TEL:03-3815-5411(代表)
Copyright(C) The University of Tokyo Hospital. All Rights Reserved.