診療案内 of 東大皮膚科ホームページ

外来診療体制

 当科では毛や爪,粘膜を含めた皮膚に生じる全ての症状やトラブルに対応いたします。他院からのご紹介も随時受け付けております。

 初診の方はまず午前中に御来院頂き、その後病状に応じて一般再来(午前)・専門外来(午後)などにて引き続き加療させて頂きます。

電話予約は予約センターにて承っております。(03-5800-8630、12:30-17:00、土・ 日・祝祭日・年末年始を除く)
 予約無しで来院された場合、通常よりお待ちいただく場合がございます。

受診の際、必ず紹介状を御持参下さい(紹介状が無い場合、初診料が数千円かかります)。紹介状はお近くの診療所やかかりつけの病院で入手いただけます。

 お薬手帳なども御持ちいただくと診療が大変スムーズになります。また、患部をすぐに露出できるような服装(お顔の診察の場合 は,化粧を落として)で来院頂くようお願い申し上げます。
午前外来(9:00-12:00,受付時間8:30 -11:00)では、初診3名、再診2名の医師が交代で診療に当たっています。
午後外来(13:00-15:00)では専門外来の他,病棟医が退院後の患者さんの経過観察を行っています。
 診察にあたっては,視診による臨床診断の上で、細菌、真菌培養検査や、必要に応じて皮膚生検などを行います。組織学的(各種免疫組織を含む)検討などに より確定診断がなされれば、各種外用療法、内服療法、紫外線療法、手術療法などを単独あるいは併用して治療にあたっています。
 皮膚超音波装置、紫外線照射機、 液体窒素噴霧器、各種レーザー照射機、デルマトスコープ 、サーモグラフィーなど最新の医療機器を揃えています。場合により入院加療・精査をおすすめすることがございま す。

専門外来

水疱症外来
レーザー外来
皮膚外科外来
強皮症・膠原病外来
アトピー外来
乾癬・生物学的製剤外来
リンフォーマ外来

詳細はこちら

入院診療体制

 入院病棟では、2~3名の指導医と研修医がチームで 主治医を勤め、病棟回診などを通じて常にスタッフで治療方針を検討しています。退院後の経過観察も、原則として病棟での主治医がそのまま受け持ちます。
 ナローバンド紫外線照射器,皮膚超音波装置など,特殊な医療機器を用いて診断・治療の精度の向上に努めています。