強皮症診断のための自己チェックリスト of 東大皮膚科ホームページ

強皮症診断のための自己チェックリスト

- 自分でチェックしてみましょう-

強皮症の正確な診断には、医師による診察や各種検査が不可欠です。しかし、「私は強皮症かも知れないけれど、本当に医師の診察を受けた方がよいのかしら?」と悩まれる方もおられるかと思います。そこで、簡単な自己診断チェックリストを設けました。自分の症状をチェックしてみてください。そして、当てはまるようでしたら、医師の診察を受けた方がよいでしょう。ただし、これらのチェックリストはごく簡単なものですので、仮にすべて当てはまったからといって、直ちに強皮症という訳ではありませんので、注意して下さい。最終診断は医師による診察や各種検査が必要となります。

1. 身体が冷えたとき(冬、屋外に出たとき、朝起きたとき、冷房の強い部屋に入ったときなど)、手指を冷やしたとき(冷水で洗い物をしたとき、冷凍食品に触ったときなど)、サッと手指が白くなったり、紫色になったりしませんか?
2. 朝、起きたとき、しばらく手指がこわばった感じがしませんか?
3. 最近、指輪が入りにくくなったなど、手指が腫れた感じ、むくんだ感じがしませんか?
4. 胸焼けや、食事の時に食べ物が胸につかえる感じがしませんか?また、一度胃に入った食べ物が食道に逆流する感じはありませんか?
5. 爪の根元の甘皮に黒い点がありませんか?(写真をご覧下さい)

NFB.jpg

1の症状があって、2から5の症状のうち2個以上あれば、医師の診察を受けた方がよいでしょう。