東大病院について

HOME > 東大病院について  > 病院長挨拶

前のページへ戻る

病院長挨拶

病院長 瀬戸 泰之

「よりよい医療」を目指して

東京大学医学部附属病院ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当院の歴史は、1858年神田お玉ヶ池種痘所設立を源流とし、その後組織改編を経て、1876年本郷本富士町旧加賀藩邸内に新営、移転し、1877年東京大学医学部附属病院と改称されております。よって、当院は160年以上の歴史を有する、わが国を代表する大学病院のひとつであります。日本近代医学の黎明期より、優秀な人材を多数輩出し、医学・医療の発展と医学教育に貢献して参りました。大学病院の使命が、診療、教育、研究の3本柱であることは言うまでもありません。これらを遂行するために、「臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する」ことを理念として掲げ、また、①患者の意思を尊重する医療の実践、②安全な医療の提供、③高度先進医療の開発、④優れた医療人の育成を目標としています。

年間延べ70万人の外来患者さん(1日平均2,900人)、延べ36万人の入院患者さん(1日平均980人)の診療を行っています。手術件数も年間1万1千件を超え、国立大学病院では、1、2の件数となっています。それらの診療を支えるために、医師、看護師、薬剤師のほか、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士などのメディカルスタッフ、事務職など多くの職種で総勢約4千人のスタッフが働いています。退院患者さんの年齢層は、0~9歳7%、80歳以上13%と幅広く、地域に根差した診療を行っていることがおわかりいただけると思います。今後も、周産期医療、小児医療、移植医療、がん医療、重症症例に対する集中治療など当院の重要な役割として更なる充実を図ります。また、高齢化社会に向け、高齢者特有の疾患に対する一層の取り組みも必要です。

一方で当院は、高度な医療の提供、高度な医療技術の開発および高度な医療に関する研修を実施する能力等を備えた施設として、特定機能病院(全国86病院)に認定されています。さらに、革新的医薬品・医療機器の開発などに必要となる質の高い臨床研究を推進するため、国際水準の臨床試験や治験の中心的役割を担う施設として、医療法に基づく臨床研究中核病院(全国12病院)に認定され、今後のがん診療において極めて重要になると考えられるゲノム医療においても、その中心となるべくがんゲノム医療中核拠点病院(全国11病院)にも認定されています。もちろん日常診療においても、すべての部門の総力を結集した総合力・チーム医療で、わが国のみならず世界にも誇れる最高水準の医療が行われていると自負しています。すべては、患者さんファーストであり、「よりよい医療」を目指してという強い思いから取り組んでいます。

「よりよい医療」を目指すためには、医療側の視点だけでは不十分です。これまでにも患者さん、ご家族などから多くの声が寄せられています。お褒め、感謝の言葉もあれば、厳しいご意見もいただいています。どちらも我々にとっては、大変貴重なものであり診療現場に還元していく必要があります。これからも東大病院が「よりよい医療」を目指し、前に進んで行くためにも、忌憚なきご意見をお寄せください。