沿革

安政 5年 1858年 5月 神田お玉ヶ池種痘所を設立
文久 元年 1861年 10月 西洋医学所と改称
3年 1863年 2月 医学所と改称
明治 元年 1868年 7月 横浜軍陣病院を神田和泉橋旧藤堂邸に移転、これを大病院と称し、医学所は大病院に附属
2年 1869年 2月 医学所は、大病院と合併し医学校兼病院
12月 大学東校と改称
4年 1871年 7月 東校と改称
5年 1872年 8月 第一大学区医学校と改称
7年 1874年 5月 東京医学校と改称
9年 1876年 11月 東京医学校校舎、寄宿舎及び病院を本郷本富士町旧加賀藩邸内に新営、移転
10年 1877年 4月 東京開成学校と東京医学校を合併、東京大学となり、病院は東京大学医学部附属病院と改称
11年 1878年 11月 神田に附属病院を設立し、医学通学生の臨床講義用患者収容所に当て、第二医院と称し、本郷の医院を第一医院と称す
19年 1886年 3月 東京大学は帝国大学、医学部は医科大学となり、第一医院及び第二医院は、帝国大学医科大学附属第一医院及び第二医院と改称
26年 1893年 9月 帝国大学医科大学附属医院と改称
30年 1897年 6月 東京帝国大学医科大学附属医院と改称
大正 8年 1919年 4月 東京帝国大学医学部附属医院と改称
昭和 22年 1947年 10月 東京大学医学部附属医院と改称
24年 1949年 5月 東京大学医学部附属病院と改称。当時の診療科等 内科(3)、物療内科、外科(2)、整形外科、産婦人科、小児科、眼科、皮膚科、泌尿器科、精神神経科、耳鼻咽喉科、放射線科、歯科口腔外科、輸血部、薬剤部
26年 1951年 6月 脳神経外科設置
30年 1955年 6月 臨床検査部設置
7月 中央手術部設置
34年 1959年 4月 臨床検査部を中央検査部と中央診療部に改組
35年 1960年 1月 形成外科設置
3月 中央診療部にてX線撮影関係業務を開始
36年 1961年 2月 中央手術部に救急処置室を設置
37年 1962年 8月 老人科及び麻酔科設置
38年 1963年 4月 中央手術部から救急処置室が救急部として独立
6月 中央診療部にフォトセンター設置
7月 中央診療部に運動療法室設置
39年 1964年 4月 中央材料部設置
8月 中央放射線部設置、中央診療部のX線撮影関係業務、その他の放射線照射業務開始
40年 1965年 1月 胸部外科設置
4月 神経内科設置
41年 1966年 7月 中央診療部運動療法室水治療法、作業療法等を設置、リハビリテーションセンターとして開始
45年 1970年 1月 リハビリテーション部設置、中央診療部の運動療法、水治療法、作業療法等の部門の業務を継承 中央検査部及び中央診療部を中央検査部検査第1部及び同第2部に改組
46年 1971年 8月 小児外科設置
48年 1973年 2月 電算機業務を開始
50年 1975年 3月 小児術後集中治療部設置
11月 中央検査部病理検査室が病理部として独立
51年 1976年 1月 角膜移植部の業務開始
5月 国立学校設置法施行規則の改正で、総看護婦長制は看護部制となり、総看護婦長を看護部長と改称
53年 1978年 4月 情報処理部設置
58年 1983年 4月 中央医療情報部設置
61年 1986年 8月 基準看護(特2類)が承認
62年 1987年 3月 設備管理棟竣工
10月 新中央診療棟竣工
63年 1988年 4月 「中央検査部」「中央手術部」「中央放射線部」及び「中央材料部」を「検査部」「手術部」「放射線部」及び「材料部」に改称
平成 3年 1991年 1月 院内感染対策部設置(平成5年9月感染制御部に改称)
5年 1993年 4月 小児術後集中治療部を集中治療部と改称
12月 新外来診療棟竣工
6年 1994年 7月 新外来診療棟で診療開始(平成7年9月外来診療棟に改称)
7年 1995年 4月 特定機能病院承認
6月 周産母子診療部設置
8年 1996年 5月 無菌治療部設置
9年 1997年 4月 光学医療診療部、医療社会福祉部設置
10年 1998年 4月 診療科再編成を行い、6診療部門37診療科に改組
9月 治験管理センター設置
11年 1999年 4月 血液浄化療法部設置
12年 2000年 4月 医療社会福祉部設置
5月 脳死肝移植実施施設として承認される
10月 新入院棟竣工
13年 2001年 4月 分院の本院への統合 周産母子診療部、リハビリテーション部、医療機器・材料管理部、臨床試験部、医療サービス課、医療安全管理対策室設置
9月 新入院棟で診療開始
10月 ティッシュ・エンジニアリング部設置
14年 2002年 1月 臨床ゲノム情報部設置
4月 感染制御部、大学医療情報ネットワーク研究センター設置
7月 医工連携部、総合研修センター設置
10月 心臓移植実施施設として承認される
15年 2003年 4月 企画情報運営部、大学病院医療情報ネットワーク研究センター設置(中央医療情報部の廃止・転換)
臓器移植医療部、企画室設置
9月 臨床ゲノム診療部設置
12月 病歴クオリティー管理室設置
16年 2004年 1月 労働安全衛生管理室設置
4月 国立大学法人法(平成15年法律第112号)により東京大学は国立大学法人東京大学と改称 病院執行部、病院運営審議会設置 人事部、医療評価・安全・研修部、企画経営部、教育研究支援部、入院診療運営部、外来診療運営部及び中央診療運営部を設置 栄養管理室設置(医療サービス課より分離) 外来化学療法室の設置 事務組織の再編成(1部4課→1部12室体制へ)
9月 広報企画部設置
17年 2005年 4月 医療機器・材料管理部を医療機器管理部と材料管理部に分割 医療社会福祉部を地域医療連携部に改組 こころの発達診療部設置
7月 事務部の再編成(医療支援課を経営戦略グループに組織再編し、事務部各係をチームに再編)
10月 経営戦略グループから経営戦略課へ改組
12月 感染対策センター設置、医療安全管理対策室を医療安全対策センターに名称変更
18年 2006年 1月 トランスレーショナルリサーチセンター及び22世紀医療センター設置
4月 接遇向上センター、キャンサーボード、組織バンク及び産学連携室設置
19年 2007年 1月 患者相談・臨床倫理センター、バスキュラーボード及び検診部設置
4月 院内保育園(いちょう保育園)開園
20年 2008年 4月 がん相談支援センター、国立大学病院データベースセンター及び外来化学療法部設置 産学連携室、広報企画部をパブリック・リレーションセンターとして改組・転換
5月 創立150周年記念式典を挙行
7月 小児医療センター、新生児・小児集中治療部設置
21年 2009年 4月 地域連携型高度医療人養成推進センター設置
11月 病歴管理部設置
22年 2010年 4月 臨床試験部を改組し、臨床研究支援センター設置
12月 救命救急センター設置
23年 2011年 4月 周産母子診療部を改組し、総合周産期母子医療センター設置 臨床ゲノム情報部、臨床ゲノム診療部を改組し、ゲノム医学センター設置
8月 早期・探索開発推進室設置
24年 2012年 4月 災害医療マネジメント部設置
11月 新生児・小児集中治療部、小児医療センターを小児医療センターを改組
25年 2013年 4月 栄養管理室を改組し、病態栄養治療部設置
6月 労働安全衛生管理室を環境安全管理室に改称
医療評価・安全・研修部、教育研究支援部を医療評価・安全部、教育・研修部、研究支援部に改組
26年 2014年 4月 先端医療開発戦略室設置
27年 2015年 1月 臨床研究ガバナンス部を設置し、先端医療開発戦略室を統合
10月 周術期管理センター設置
12月 臨床研究棟A-I期が完成
28年 2016年 2月 病院地区に分子ライフイノベーション棟が竣工
3月 臨床研究中核病院に認定
9月 てんかんセンター設置
29年 2017年 2月 免疫疾患治療センター設置
4月 高難度新規医療技術評価部、未承認新規医薬品等評価部設置
皮膚科・皮膚光線レーザー科、眼科・視覚矯正科、耳鼻咽喉科・聴覚音声外科、顎口腔外科・歯科矯正歯科を、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、口腔顎顔面外科・矯正歯科に改称
7月 小児・新生児集中治療部設置