東大病院について

HOME > 東大病院について  > コミュニケーションマーク

前のページへ戻る

東大病院コミュニケーションマーク

東大病院を受診している患者さんやご家族に対して、当院医療スタッフの「思い」を直接お伝えするため、当院の考えをシンボルマーク化しました。

東大病院コミュニケーションマーク


東大病院コミュニケーションマーク

コンセプト

向き合っているのはヒューマンの「h」と、ホスピタルの「h」。人と医学・医療がしっかり向き合ってこそ、最先端の医学を研究・教育することも、それに支えられた安全・安心の医療を実践することもできるようになるという、東大病院の考えをシンボルマーク化しました。当院と病気で悩む人が、しっかり向き合い座っている椅子を感じさせる「h」と「h」の間には、「東大病院」の頭文字「T」も見えてきます。このシンボルマークを通して、病気で悩むひとりひとりと向き合い、世界最高レベルの医学・医療を提供し続けることを、東大病院は宣言致します。

 

コミュニケーションマークの活用カテゴリー

このコミュニケーションマークは、患者さんやそのご家族に対して、東大病院医療スタッフの「思い」を直接伝えることができる次のカテゴリーに活用されます。

 ○ 患者さんやそのご家族が本院でご覧になる案内板
 ○ 患者さんへのパンフレットや案内・掲示
 ○ 患者さんに接するボランティアの衣装
 ○ 患者さんが使用する東大病院のオリジナルグッズ
 ○ 患者さん向けの名刺
 ○ 患者さん向けの文書のレターヘッドや封筒